WH

2017年03月27日

東芝、WH社破産法適用で調整へ

東芝は28日にも取締役会を開き、WH社の破産法適用に舵を切る見込み。


 東芝は米原子力子会社、ウエスチングハウス(WH)の米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請に備え、WHに対する約8千億円の債務保証を完全履行する意向を固めた。WHの顧客企業である米電力会社などに対し、WHが返せなくなった工事前受け金や損害賠償金を代わって支払う。27日(現地時間)に主要債権者を集めて開く会合で説明し、破産法適用の申請へ事前同意を得たい考えだ。  【日本経済新聞】


6000億円という破格値で買収し、今や7125億円の損失を出し、破産法を適用せざるを得ないが、債務保証に7900億円必要というから呆れるほかない。
しかし、底なし沼はまだ入り口が開いたばかりだ。

LNG事業においても1兆円規模の損失リスクを持っている。


13年、東芝は年220万トンのLNGを19年から20年間引き取る契約を結んだ。しかし、売り先が見つかっていない。調達契約をしたLNGが全く売れない場合の最大損失額は約1兆円にも上るという危機的状況だ。

 東芝は、20年間の契約を一括評価して一気に1兆円規模の損失を計上することは考えにくいと説明する。早ければ19年3月期からLNGの損失評価を始め、少なくとも翌1年分の損失引き当てを計上するという。【週刊ダイヤモンド】


名門と謳われた東芝、NAND型フラッシュメモリー事業や東芝テックなど数多くの優良事業がある。
"選択と集中"の旗のもとで"チャレンジ"し、成長戦略を夢見たが、本当の地獄はこれからだろう。
優良事業を切り売りして赤字補てんしても、焼け石に水。今後の事業の柱を失い、残るのは何なのか。
債務超過による東証二部降格、そして倒産がひたひたと忍び寄る。

img_1d96781c6bbd42a0983df13f3ca160dc15419
*西田元社長

karnak at 22:30コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード