貞照院

2016年06月26日

永代供養

碧南市の貞照院で先祖の永代供養をしてもらった。
指定された日に都合が悪いとしたところ、この日となった。ちょうど曾祖母の命日にあたったのも何かの縁なのだろう。祖父は病気となって、祖母も看病等があって、ここ何十年もご無沙汰していたようだ。
永代供養と言っても、2代抜けている。

広大な敷地に閑静な佇まいの本堂と庭。
昔ながらの風情が落ち着きを与えてくれる。

お参りだけかと思っていたが、茶席に呼ばれて茶を喫してからの念仏、そして食事まで出た。
社会人になってからこういった日を過ごすのはほとんどなかったが、これはこれで大切な時間だと思う。
代々受け継いでいくものというのはこういったものなのだろうし、こういったものが抜けていては成立しないだろうと思う。

慌ただしいだけの日常はついぞ何か大切なものを忘却してしまうだろう。

62616262

karnak at 23:47コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード