自民党

2016年07月11日

アホノミクス継続、日本没落へ

株価上昇、景気回復、デフレ脱却、雇用促進などと派手に喧伝した「アベノミクス」も撃沈模様。景気は低迷し、下落傾向にあった株価は英国のEU離脱決定を受けて、大幅に下がった。一部で賃金上昇はあったものの、全体として実感に乏しく、個人消費には結び付いていない。再びデフレに逆戻りだ。追い打ちをかける急激な円高によって、中国人の「爆買い」も息をひそめる。
少子高齢化が顕著になる中で、個人消費の起爆剤はない。賃金が上昇しているにもかかわらず、中小零細の企業収益が伸びないとなれば、たちまち経営は逼迫する。

憲法問題も争点になるはずだったが、安倍晋三氏は巧みにこれを避けた。
英国の衆愚政治よろしく、使い古されたはずの「アベノミクス」を煽動して圧倒的な勝利を手にすることになる。
かつてヒトラーもそうだったが、衆愚政治の頂点に立った独善的指導者はやがて独裁者となる。
戦後護ってきた憲法を「解釈」で捻じ曲げて集団的自衛権を合法化してしまったのもその端緒だ。
しかし、選挙の結果は明白なのだからこれかせ国民が批判したとしても詮無きことだ。
英国民が離脱を支持したの後悔しているのと同じように。

本当の地獄はこれから始まるのだろう。

 第24回参院選は10日、投票が行われ、午後8時までに締め切られた。改選121議席のうち自民、公明の与党が計61議席以上を獲得し、安倍晋三首相(自民党総裁)が獲得議席目標に掲げた「与党で改選過半数」を達成することが確実となった。10日深夜から11日未明にかけて大勢が判明する見通しで、安倍首相が悲願とする憲法改正に前向きな勢力が、改憲の国会発議に必要な3分の2(非改選と合わせて162議席)以上を確保するのは濃厚な情勢だ。 【産経新聞】


karnak at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月26日

安倍自民党が大勝した結果www

24日放送の「NEWS23」(TBS系)で、自民党の新人・前川恵衆議院議員が、記者の質問に「分からない」と繰り返す場面があった。番組では、衆院選を受けた特別国会に初登院した新人議員43人に今後の意気込みを記者がインタビューした。前川議員には「中にはこんな議員も…」というナレーションつきで選挙中の争点について、記者が尋ねるシーンがあった。

料理研究家だった前川議員は、衆院選で東京比例ブロックから出馬し、初当選した。 前川議員は「今回の選挙の、この結果が全てだと思いますので。国民の皆さまからアベノミクスに対する評価を得たんだと思います」と語った。

しかし、記者が「実質賃金がすごく下がっているというデータも一方であるんですが、その点はいかがですか」と追及すると、前川議員は「それも一つの課題だと思いますが…」と数秒間口ごもり、「どうしよう。分かんない」と漏らした。

続けて、前川議員は「議員定数の削減」について意見を求められると「私は削減もありだと思います」と明言すると、慌てて「あれ、自民党の方針って何でしたっけ?削減でしたっけ?」と逆に記者に確認した。

さらに、記者から「議員定数が削減されると、比例の議席も減っちゃいますよね」と水を向けられると「分かんない。それはノーコメントです」と応じた。そして、前川議員はインタビューの最後、「私は「食」という分野で、精いっぱい自分ができることをやっていけたらと思っているので」と自身の抱負を語った。  【ライブドアニュース】


議員定数が削減されることなく、党方針も知らない議員に血税が投入され、社会保障費削減が現実味を帯びてきた。
なんとなく不安をもっているのに受け皿がないために"アベノミクス"という蜃気楼に惑わされてしまっているのではないでしょうか。弱者を切り捨てる政権ですから、これからもっともっと苦しい生活が待っているのかもしれません。



karnak at 22:12コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月17日

【先生たちの就活】自民党政権奪還【日本のレクイエム】

言わずもがな、自公が300議席を超える大勝で政権奪還に成功した。
前回は途中で投げ出した安倍総裁が2度目の政権を担う見込み。
今般の活動を見る限りでは、以前に勝る精力的な活動を見せてはいたが、果たして...。

民主党は鳩山元代表が下野し、前首相である菅直人も選挙活動中に事故に見舞われるなどして落選した。党内の実力者であった仙石氏、鹿野氏も相次いで落選、全面的惨敗となり、野田代表も辞任の意向を見せている。どこの国民を支援しているのかわからなかったので仕方のない結末だろう。

菅直人事故車


第三極の筆頭と目された「日本維新の会」は石原代表と橋下代表代行の見解が所々異なるところが露呈するなど付け焼刃の"野合"と揶揄されていた割には健闘したと思う。ただ、選挙後に党の結束が保てるのかは疑問。
「国民の生活が第一」小沢代表は突如、「日本未来の党」に合流してしまったため、"反小沢"の批判は交わしたのかもしれないが、小沢支持派からすれば焦点がぼやけてしまった印象がある。敗戦と言っていいだろう。

結局、第三極の終結はかなわず、民主党政権に失望した人々が仕方なく自民党に入れるしかなかったという感がある。しかし、本当に"日本を担っていく政治家"を私たちは選んだのだろうか。

自分も期日前投票はしてきたものの、候補者についての知識はほとんどない。
投票権がある以上はと思って投票しているものの、"該当なし"としたいくらいだし、投票率が下がるのも仕方ないように思う。"先生たちの就活"に付き合っているだけになっていないか心配だ。

言うまでもなく、政治課題は山積しており、東日本大震災の復興も遅々として進んでいない。
政党のCMを打って、電〇に税金を流すくらいなら少しでも復興支援に直接的な活動をしてはいかがかと思う今日この頃だ。

マヤ暦からすると今週末に暦が一巡することから、終末論も囁かれているが、この選挙が"終わりの始まり"「レクイエム」にならないことを願うしかない。

karnak at 00:44コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月01日

内閣不信任決議案、今日にも提出か



自民、公明両党は1日夕、内閣不信任決議案を衆院に共同提出する。2日午後の衆院本会議で採決される見通し。これに対し、民主党執行部は不信任案否決を目指し、小沢一郎元代表を支持する「反菅」勢力などの造反阻止に全力を挙げる。ただ、鳩山由紀夫前首相が5月31日夜の菅直人首相との会談で、退陣を求めていたことが判明。首相の進退をめぐる、与野党や民主党内の攻防はヤマ場にさしかかった。
 民主党幹部によると、鳩山氏は会談で「挙党態勢、国民のための政治のため協力してほしい。党を分裂させてはいけない」と述べ、自発的な辞任を求めたが、首相は拒否した。首相は1日午前の参院本会議で、2011年度第2次補正予算案の今国会への提出と今月22日までの会期の延長について「前向きにしっかりと検討したい」と表明。政権維持に重ねて意欲を示した。一川保夫氏(民主)への答弁。
 自民党の大島理森副総裁は1日午前、不信任案提出について「国民に菅首相のリーダーとしての不適格性をしっかりと示す」と記者団に語った。公明党の山口那津男代表は党会合で「菅政権にこれ以上、政権運営、震災対応を任せると被災者の利益、国益を損なう」と強調した。
 同日は、首相と自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口氏による党首討論が午後3時から45分間行われる。この後、谷垣、山口両氏は党首会談を開き、不信任案提出を確認。野党党首会談も開いて各党に協力を呼び掛けた後、不信任案を共同提出する運びだ。ただ、一連の日程がずれ込めば、提出が2日に先送りされる可能性もある。                                           【時事通信】


「会話にならず、物別れに終わった」と 菅直人首相と鳩山由紀夫前首相による5月31日夜の首相公邸での会談。
いよいよ内閣不信任案が提出される運びになったわけだが、通すには民主党内部の造反が不可欠であり、造反、新党設立を視野に入れる小沢グループはともかく、日和見の可能性のある前原氏ほかの動向が注目される。

先のG8では思い付きで1000万戸に太陽光パネルを設置すると発言したが、帰国後にたしなめられると「今後気をつけたい」という始末。国際社会での信用も失墜したといっていい。このまま菅首相が政権を運営しても空中分解は避けられないし、復興が進まず、国益も損なうことになる。

権力を手にして辞任を拒否し続けるのも見苦しい限りだ。

「次」が見えない中ではあるが、首相交代は必須だろう。

誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀
著者:カレル・ヴァン・ウォルフレン
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
(2011-03-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



karnak at 13:04コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード