理研

2016年01月29日

あの日―歴史的捏造事件の回顧録


STAP細胞論文の研究不正問題をめぐり、論文の著者だった理化学研究所の元研究員・小保方晴子氏(32)の手記が28日、講談社から出版される。タイトルは「あの日」で、全253ページ。一連の騒動についての謝罪、マスコミの報道を受けた心の痛み、研究者の道が閉ざされてしまった悲しみなどがつづられている。小保方氏がまとまった主張をするのは、不正疑惑を受けて2014年4月8日に開いた釈明会見以来初めて。初版発行部数は5万部という。 【スポーツ報知】


あの日
小保方 晴子
講談社
2016-01-29



あの歴史的捏造事件から2年、小保方氏が沈黙を破る。
STAP細胞とは何だったのだろうか。
仕組まれたとはいうものの、研究論文の杜撰さは明らかだった。
有望な研究者もまた自殺に追い込まれた未曾有の事件の顛末に、当事者は何を思うのか。

karnak at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード