渡辺謙

2017年05月14日

怒り

「悪人」に続く吉田修一原作の「怒り」。
八王子夫婦殺人事件に端を発する物語は3人の男とその周囲を巡って綴られていく。
信じるのか、信じないのか。疑心暗鬼に陥りながらも信じて生きたいという思いからギリギリの心の葛藤を描き、必ずしもキレイゴトでは終わらない人間の本質を炙りだす。

渡辺謙・森山未來・松山ケンイチ・綾野剛・広瀬すず・宮崎あおい・妻夫木 聡ら超豪華俳優陣の演技も注目です。

http://www.ikari-movie.com/



怒り Blu-ray 豪華版
渡辺謙
東宝
2017-04-12



karnak at 11:27コメント(0)トラックバック(0) 

2006年12月12日

硫黄島からの手紙

クリント・イーストウッド監督による二部作のひとつ、「硫黄島からの手紙」を観てきました。こちらは日本側の視点に立った硫黄島の戦いですね。

公式サイト

ロサンゼルス映画批評家協会賞で最優秀作品賞受賞。続きを読む

karnak at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 

2006年09月14日

SAYURI

レンタルで見てみました。
ハリウッドが描く「JAPAN」の「GEISYA」。
「ラストサムライ」で受けた違和感と同じようなものは確かにあるんだけど、個人的にはすごくよかったと思います。まぁ芸者がみんな英語でしゃべってる時点でもう変な感じではありますけどね(笑)そして主人公が中国人だということも。
しかし、チャン・ツィイーはいろんなところで活躍してますね。
本質的なところで文化観の違いはあるんでしょうが、何より「日本の美」にこれだけの情熱を注いでいることにちょっと感動しました。
とりあえず桃井かおりの存在感が圧倒的でよかったです。
あとはもう少し着物の美しさを全面に出してもよかったかな。もちろん華やかさだけでなく、端女・見習い時代の厳しさやイジメもしっかり描かれていて、ダイナミックなハリウッドにしてはすごく日本的なものに歩み寄っている気がします。
なので、アクション系が好きな人には退屈かもしれませんが、一度は観てもいいかなと思います^^


▽キャスト・スタッフ
さゆり:チャン・ツィイー[中国]
会長:渡辺謙[日本]
豆葉:ミシェル・ヨー[マレーシア]
延:役所広司[日本]
おカボ:工藤夕貴[日本]
初桃:コン・リー[中国]
おかあさん:桃井かおり[日本]
さゆり(少女時代):大後寿々花[日本]

製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
監督:ロブ・マーシャル
原作:アーサー・ゴールデン「Memoirs of a Geisha」

▽DVD


▽受賞
本年度アカデミー賞3部門受賞!(撮影、美術、衣装デザイン)

▽公式サイト
「SAYURI」オフィシャルサイト

▽関連ブログ
【みんカラ】ブログ

karnak at 21:03コメント(0)トラックバック(1) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード