橋本弘文

2016年03月20日

六代目山口組 vs 神戸山口組 抗争突入


19日朝早く、兵庫・神戸市中央区にある、神戸山口組傘下の組事務所に、ダンプカーが突っ込んでいるのが見つかった。
午前4時半ごろ、神戸市中央区加納町にある神戸山口組の傘下団体・志闘会の事務所に、ダンプカーが突っ込んでいるのを、巡回中の警察官が見つけた。
ダンプカーに人はおらず、当時、事務所にいた2人に、けがはなかった。
近所の人は「神戸市民としては、嫌な感じですね。静かな街なのにね」と話した。
現場は、JR三ノ宮駅から、およそ200メートル離れたところで、警察が警戒を強めている。.
【フジテレビ】


山健組傘下団体へのダンプカーによるカチコミ。こうなると本格的に抗争ですね。
昨年夏からの分裂から互いに沈黙を守りながら着実に勢力を拡大してきた神戸山口組。
もとはといえば、五代目から跡目を引き継いだ司忍(篠田健市)への不信感だ。正当なものだったのか疑問視する声も根強い。以降、弘道会ひいきとなり、それまで山口組の顔だった山健組としては面白くない。粛清を断行した高山清司が収攬させて以後、神戸山口組に復帰してきた人間が多い。太田興業の太田守正も神戸山口組舎弟頭補佐として復帰した。
国営ヤクザとも言われる警察も微罪逮捕や情報収集目的の家宅捜査を強化。
六代目山口組でもナンバー3である極心連合会会長 橋本弘文(姜弘文)が電磁的公正証書原本不実記録・同供用の容疑で逮捕された。車の不正登記というものだが、不起訴処分となっている。一時的でも社会不在になれば、組織が弱体化すると踏んでのことだろう。
暴対法強化の兼ね合いもあって、極道の世界にあっておよそ許されることのない親分を替えるという事態も何件かあってなお、両者の表立った抗争はなかったが、ここへ来て本格的に衝突することになった。面子もあるだろうが、シノギを巡るせめぎ合いは下部組織の食い扶持に直結するので、我慢の限界に来たということなのかもしれない。今後、全国各地での衝突が懸念される。

血別 山口組百年の孤独
太田 守正
サイゾー
2015-07-28




karnak at 22:04コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード