小池

2017年07月03日

アホノミクス終焉へ

都議選"アホノミクス"自民党が歴史的大敗、"小池ファースト"都民ファーストの会が勝利。

安倍首相の"おともだち"問題がワイドショー化して国政議論が進まなかったことへの国民の怒りの表れでしょう。その意味では有意義な議論のできなかった野党が声高に批判できる立場にないと思う。

しかし、これだけ議席を失うと国政への影響も計り知れないと思う。

憲法9条を巡る議論もそうだが、実際的にこの4・5月で朝鮮半島は臨戦態勢に入ったので、より具体的な国防議論が必要だったはず。稲田防衛相の失言を追いかけている場合ではない。
また、社会福祉についても待機児童問題はその端緒かもしれないが、人口減少問題〜労働人口減少の中で国力の成長をいかに描くのか、高齢化社会〜単に保険料引き上げ、年金先延ばし、消費増税で切り抜けられるのかといった切り込みをしていかなければ、間に合わない。
森友のことも加計のことも確かに癒着があるのであれば、政権与党として信を問われる問題だが、場外でやるべき話で、国会という場で給料の高い議員方がけなし合っていても仕方ない。それこそ血税の無駄遣い、大きな国家損失だ。

小池都政については一定の評価が得られたというべきだが、オリンピックについても豊洲についても煮え切らない決着を見た。どちらも時間を掛ければ、余計なお金がかかる話であり、今後はよりスムーズでかつ多様性に富む議論と決断が必要だと思う。

karnak at 01:15コメント(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード