小保方晴子

2016年01月29日

あの日―歴史的捏造事件の回顧録


STAP細胞論文の研究不正問題をめぐり、論文の著者だった理化学研究所の元研究員・小保方晴子氏(32)の手記が28日、講談社から出版される。タイトルは「あの日」で、全253ページ。一連の騒動についての謝罪、マスコミの報道を受けた心の痛み、研究者の道が閉ざされてしまった悲しみなどがつづられている。小保方氏がまとまった主張をするのは、不正疑惑を受けて2014年4月8日に開いた釈明会見以来初めて。初版発行部数は5万部という。 【スポーツ報知】


あの日
小保方 晴子
講談社
2016-01-29



あの歴史的捏造事件から2年、小保方氏が沈黙を破る。
STAP細胞とは何だったのだろうか。
仕組まれたとはいうものの、研究論文の杜撰さは明らかだった。
有望な研究者もまた自殺に追い込まれた未曾有の事件の顛末に、当事者は何を思うのか。

karnak at 00:30コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月31日

運命のlogicに踊らされた虚無の楽園 そこに、意味はあるのか?

2014年を振り返ってみましょうか。
今年はとにかく酷い不正・偽装・捏造に満ち満ちてました。
これだけコンプライアンスなどと言われる時代になって、なんなんでしょうね。

佐村佐村2

"21世紀のベートーベン"とまで持ち上げられた佐村河内守氏ですが、全盲と偽る稀代のペテン師でした。記者会見時の要望の違いもまた話題になりました。

しかし、"世界の三大不正"に並び称せられる研究者小保方晴子氏が登場したことでそれも少し霞んでしまいます。ネイチャー誌掲載の"リケジョ"として話題をさらった"STAP細胞"は結果的にはES細胞の混入によるものとして存在自体が否定されました。一連の騒動では理化学研究所において将来を嘱望されていた笹井氏が自殺するまで追い詰められました。ご冥福をお祈りします。

>まとめ

小保方

カラ出張を繰り返すなどの不正が表面化して辞任した野々村議員の記者会見も"マジキチ"として話題になりました。

野々村



自分自身も家で大規模リフォームを開始するなど大きな変化がありました。

増改築01

4月の消費増税を機に消費減退は顕著で、今後の先行きを考える時期に差し掛かったと言えます。

【タイトル/禁断のレジスタンス/水樹奈々】

禁断のレジスタンス
水樹奈々
キングレコード
2014-10-15







karnak at 22:06コメント(0)トラックバック(0) 

2014年08月06日

笹井副センター長自殺の衝撃

新型万能細胞とされたSTAP(スタップ)細胞の論文共著者の一人で、理化学研究所発生・  再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長(52)が5日、神戸市中央区のCDBに隣接する先端医療センター病院内で首をつっているのが見つかり、死亡が確認された。
笹井氏の秘書の机の上から遺書のようなものが見つかり、自殺とみられる。

理研の同僚によると、笹井氏はSTAP細胞の論文問題後から心療内科を受診し、最近は薬の副作用ではっきりと会話することが難しかったという。
菅義偉官房長官は5日の記者会見で、
笹井氏の自殺について「世界的にも大きな功績のあった方だ。このような事態に至ったことは非常に残念だ」と述べた。

笹井氏はSTAP細胞論文の筆頭著者である小保方晴子氏(30)の指導役にあたり、論文の責任著者にも名を連ねていた。今年1月末の論文発表会見にも小保方氏とともに出席。その後、論文に疑義が示されたことを受けて、論文の撤回に同意していた。

理研の懲戒委員会は、論文に不正があったとして笹井氏と小保方氏らの処分を検討していた。

兵庫県警や理研によると、5日午前9時前、CDBに隣接する先端医療センター病院内で、巡回中の警備員が、階段の4階と5階の踊り場付近で手すりにひも状のものをかけて首をつっている笹井氏を発見した。同病院の医師が笹井氏の死亡を確認した。

笹井氏は昭和61年に京都大医学部を卒業し、内科の研修医を経て京大大学院へ進学。
神経伝達物質の研究で知られる中西重忠教授(当時)に師事し、博士号を取得。平成10年には、36歳の若さで京大再生医科学研究所の教授に就任した。
2年後に理研発生・再生科学総合研究センターのグループディレクターを兼務。15年からセンター専任となり、25年に副センター長に就任していた。
23年にはマウスの胚性幹細胞(ES細胞)から立体的な網膜を作製。世界初の成果として注目を集めるなど、日本の再生医療研究で先駆的な役割を果たしていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00000517-san-sctch


この世界では権威と言われるほど優等生だっただけに、あまりに酷い論文の出来を見抜けなかった自責の念や"乱倫な研究室"などと揶揄された週刊誌によるバッシングに耐えられなかったと思えます。
小保方氏宛の「あなたのせいではない」「STAP細胞を必ず再現してください」との言葉、これで小保方氏も「実は"妄想"でした」とは言えなくなったでしょう。ショックで再現実験ができませんとはいうかもしれませんが。

karnak at 00:42コメント(0)トラックバック(0) 

2014年03月11日

小保方論文の疑惑

"リケジョ"ブームなどとマスコミが囃し立てて異様な雰囲気を醸し出していましたが、派手にやらかした感じですね。イマドキ期末レポートでもコピペ禁止のはずですが、ネイチャー誌に堂々と出してしまうところがすごい。
理研もこうしたレベルの論文を表に出してよかったとは思えませんが...。大問題かと。

これによってSTAP細胞の存在そのものは否定されることはないのでしょうが、信ぴょう性は劇的に落ちました。第三者によって再現されなければ、"捏造"とされても仕方がないかもしれません。

論文内容に関しては、故意の流用・改竄があることから常識の範疇を越えて悪質と言わざるを得ないでしょう。世界的な発見どころか、日本の学術レベルにまで疑問符を残してしまうような事態です。







BackgroundのPDF
http://stapcells.up.seesaa.net/image/Background.pdf

剽窃された元ネタ
http://stemcells.nih.gov/info/basics/pages/basics1.aspx

▽小保方晴子のSTAP細胞論文の疑惑
http://stapcells.blogspot.jp/

karnak at 23:14コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード