安倍晋三

2016年07月11日

アホノミクス継続、日本没落へ

株価上昇、景気回復、デフレ脱却、雇用促進などと派手に喧伝した「アベノミクス」も撃沈模様。景気は低迷し、下落傾向にあった株価は英国のEU離脱決定を受けて、大幅に下がった。一部で賃金上昇はあったものの、全体として実感に乏しく、個人消費には結び付いていない。再びデフレに逆戻りだ。追い打ちをかける急激な円高によって、中国人の「爆買い」も息をひそめる。
少子高齢化が顕著になる中で、個人消費の起爆剤はない。賃金が上昇しているにもかかわらず、中小零細の企業収益が伸びないとなれば、たちまち経営は逼迫する。

憲法問題も争点になるはずだったが、安倍晋三氏は巧みにこれを避けた。
英国の衆愚政治よろしく、使い古されたはずの「アベノミクス」を煽動して圧倒的な勝利を手にすることになる。
かつてヒトラーもそうだったが、衆愚政治の頂点に立った独善的指導者はやがて独裁者となる。
戦後護ってきた憲法を「解釈」で捻じ曲げて集団的自衛権を合法化してしまったのもその端緒だ。
しかし、選挙の結果は明白なのだからこれかせ国民が批判したとしても詮無きことだ。
英国民が離脱を支持したの後悔しているのと同じように。

本当の地獄はこれから始まるのだろう。

 第24回参院選は10日、投票が行われ、午後8時までに締め切られた。改選121議席のうち自民、公明の与党が計61議席以上を獲得し、安倍晋三首相(自民党総裁)が獲得議席目標に掲げた「与党で改選過半数」を達成することが確実となった。10日深夜から11日未明にかけて大勢が判明する見通しで、安倍首相が悲願とする憲法改正に前向きな勢力が、改憲の国会発議に必要な3分の2(非改選と合わせて162議席)以上を確保するのは濃厚な情勢だ。 【産経新聞】


karnak at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月03日

死んでもカネを吸い取る美しい国、日本


日本経済の足踏み状態に業を煮やした安倍政権は、個人や企業が貯め込んでいる資産を吐き出させようとなりふり構わぬ“北風政策”を打ち出し始めている。要は“太陽政策”とは異なり、辛い目に遭わせることで、カネを出させようという作戦なのである。政府内で検討されているのが「貯蓄税」と「死亡消費税」だ。

貯蓄税は、今年から運用開始されたマイナンバー制度の導入により、国民の貯金額の把握が容易になったことで現実味が増しつつある。文字通り、貯蓄に対する税で、“貯める者にペナルティ”を与えることで、強制的に口座からカネを掻き出す乱暴な政策だ。

死亡消費税は3年前、首相官邸で開かれた「社会保障制度改革国民会議」で飛び出した。死亡時に残った遺産に一定税率をかけて徴収しようというもので、控除額が設けられている相続税と異なり、すべての国民が課税対象になる。  【ポストセブン】


アホノミクスもここまでくると、悪宰相の名も欲しいままだろう。

"渡る世間は鬼ばかり"、"地獄の沙汰も金次第"。
"生きるも地獄、死ぬるも地獄"というところでしょうか。

議員定数削減も実行せずに、政務調査費は使い放題。
閣僚の秘書は"羊羹"もらってキャバクラで飲み放題。
これだけの国債を発行していながら、ODAでは金は弾み、そのくせ自国民は締め付ける。

この国の為政者とは何なのだろうか。





karnak at 22:07コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月31日

アホノミクス、崩壊へのカウントダウン

年初から株価は下落を続け、"アベノミクス"ことアホノミクスもいよいよ化けの皮が剥がれたかというところへ甘利大臣の金銭問題が表面化。いよいよ崩壊へのカウントダウンが始まったと言える。

TPPという重要交渉を任されていた甘利大臣。その姿勢はタフネゴシエーターと呼ばれるほど粘り強かったとされるが、交渉の真相は秘密のベールに包まれたまま。当の大臣が金銭トラブルで辞任とあっては、日本経済の舵取り暗礁に乗り上げたようなものだ。全くの無責任と言わざるを得ない。

"センテンススプリング"によればピン札の紙幣番号をコピーして、50時間以上録音をして、証拠が用意周到。
確かに意図的な罠の線が強いが、嵌ってしまったら言い逃れはできまい。
失脚が目的なのかもしれないが、東京地検特捜部が動けば、閣僚辞任では済まないだろう。

加えて首相の健康不安がここへ来て再燃している。


1月12日に予算委員会が行われた衆議院第一委員室にて、閣僚席についた安倍晋三総理(61)は、3錠の「アサコール」を服用した。「アサコール」とは総理の持病である「潰瘍性大腸炎」の処方薬。“3錠”の服用量は、病状が活動期であることを意味していた――第1次政権内閣発足からわずか1年での退陣を招いた原因だけに、第2次内閣の今も総理の「お腹の具合」は重大関心事項である。官邸担当記者が言うには、「自民党の代議士からも、『安倍さんは、明らかに顔色が悪い』との声が上がっています」。

「問題」の1月12日、実は安倍総理は、アサコール以外にも、もう1種類別の錠剤をほぼ同時に服用していた。オレンジ色の半球状シートに包まれたその薬が写った写真を、ある薬剤師に見てもらうと、
「これは『アザニン』でしょう。潰瘍性大腸炎の方に、アサコールと一緒に処方することがよくあります」
順天堂大学の佐藤信紘名誉教授(消化器内科)が説明する。
「アサコールが効かなくなると、ステロイドや免疫抑制剤を併用します。その免疫抑制剤の代表的なものがアザニンです」

安倍総理は、アサコールを活動期の服用量である3錠飲み、それに留まらず、症状が悪化した際の対処薬であるアザニンも併用しているように見受けられる――。我が国のトップの腸内で「異変」が起きていると疑わざるを得ない状況なのだ。ちなみに専門家によると、アサコールには貧血、アザニンには全身の倦怠感などの副作用がある。       【デイリー新潮より抜粋】


国際情勢が緊迫化する中、経済の立て直しと少子高齢化社会への対応が急務。
しかしながら、政治家は己の保身とパワーバランス、そしてカネに目が眩むばかり。すべては次の選挙に向けた動きでしかない。国民の生活は一日一日が勝負であるというのに、呑気なことだ。
このツケは結局は国民に返ってくる。続きを読む

karnak at 22:19コメント(0)トラックバック(0) 

2014年12月26日

安倍自民党が大勝した結果www

24日放送の「NEWS23」(TBS系)で、自民党の新人・前川恵衆議院議員が、記者の質問に「分からない」と繰り返す場面があった。番組では、衆院選を受けた特別国会に初登院した新人議員43人に今後の意気込みを記者がインタビューした。前川議員には「中にはこんな議員も…」というナレーションつきで選挙中の争点について、記者が尋ねるシーンがあった。

料理研究家だった前川議員は、衆院選で東京比例ブロックから出馬し、初当選した。 前川議員は「今回の選挙の、この結果が全てだと思いますので。国民の皆さまからアベノミクスに対する評価を得たんだと思います」と語った。

しかし、記者が「実質賃金がすごく下がっているというデータも一方であるんですが、その点はいかがですか」と追及すると、前川議員は「それも一つの課題だと思いますが…」と数秒間口ごもり、「どうしよう。分かんない」と漏らした。

続けて、前川議員は「議員定数の削減」について意見を求められると「私は削減もありだと思います」と明言すると、慌てて「あれ、自民党の方針って何でしたっけ?削減でしたっけ?」と逆に記者に確認した。

さらに、記者から「議員定数が削減されると、比例の議席も減っちゃいますよね」と水を向けられると「分かんない。それはノーコメントです」と応じた。そして、前川議員はインタビューの最後、「私は「食」という分野で、精いっぱい自分ができることをやっていけたらと思っているので」と自身の抱負を語った。  【ライブドアニュース】


議員定数が削減されることなく、党方針も知らない議員に血税が投入され、社会保障費削減が現実味を帯びてきた。
なんとなく不安をもっているのに受け皿がないために"アベノミクス"という蜃気楼に惑わされてしまっているのではないでしょうか。弱者を切り捨てる政権ですから、これからもっともっと苦しい生活が待っているのかもしれません。



karnak at 22:12コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月17日

【先生たちの就活】自民党政権奪還【日本のレクイエム】

言わずもがな、自公が300議席を超える大勝で政権奪還に成功した。
前回は途中で投げ出した安倍総裁が2度目の政権を担う見込み。
今般の活動を見る限りでは、以前に勝る精力的な活動を見せてはいたが、果たして...。

民主党は鳩山元代表が下野し、前首相である菅直人も選挙活動中に事故に見舞われるなどして落選した。党内の実力者であった仙石氏、鹿野氏も相次いで落選、全面的惨敗となり、野田代表も辞任の意向を見せている。どこの国民を支援しているのかわからなかったので仕方のない結末だろう。

菅直人事故車


第三極の筆頭と目された「日本維新の会」は石原代表と橋下代表代行の見解が所々異なるところが露呈するなど付け焼刃の"野合"と揶揄されていた割には健闘したと思う。ただ、選挙後に党の結束が保てるのかは疑問。
「国民の生活が第一」小沢代表は突如、「日本未来の党」に合流してしまったため、"反小沢"の批判は交わしたのかもしれないが、小沢支持派からすれば焦点がぼやけてしまった印象がある。敗戦と言っていいだろう。

結局、第三極の終結はかなわず、民主党政権に失望した人々が仕方なく自民党に入れるしかなかったという感がある。しかし、本当に"日本を担っていく政治家"を私たちは選んだのだろうか。

自分も期日前投票はしてきたものの、候補者についての知識はほとんどない。
投票権がある以上はと思って投票しているものの、"該当なし"としたいくらいだし、投票率が下がるのも仕方ないように思う。"先生たちの就活"に付き合っているだけになっていないか心配だ。

言うまでもなく、政治課題は山積しており、東日本大震災の復興も遅々として進んでいない。
政党のCMを打って、電〇に税金を流すくらいなら少しでも復興支援に直接的な活動をしてはいかがかと思う今日この頃だ。

マヤ暦からすると今週末に暦が一巡することから、終末論も囁かれているが、この選挙が"終わりの始まり"「レクイエム」にならないことを願うしかない。

karnak at 00:44コメント(0)トラックバック(0) 

2007年09月13日

KYシンゾー君辞めちゃった!

本日は飲み会だったので情報収集が後手に回ってしまいましたが、このタイミングで辞めるとは驚きですね。「無責任だ」と批判するのもバカバカしいくらい。
表向きは小沢代表に対談を申し入れたのに断られた、つまり自衛隊の給油活動継続が絶望的で、政権運営が困難になったとの判断ということですが...。

健康問題説
以前から消化器系の持病があると囁かれていた。胃腸が弱く、下痢は日常茶飯事、会議に遅刻するのはトイレに駆け込んでいるせいというのが公然の秘密だった。8月下旬からは食も喉を通らない状態だったらしい。
安倍一族は晋太郎氏しかり、身体の丈夫な家系ではないようだが、首相になったことで精神的・体力的にもきつくなったのでしょう。小沢氏と対峙し、必敗の代表質問を前に、文字通りちびってしまったのかもしれませんw
ま、そのあたりも含めてリスク管理がなっていないということも言えそうですね。

慧光塾
安倍晋三氏と慧光塾の関係は以前から各所で取り上げられていたが、今日発売の「週刊文春」にも取り上げられる模様。大学生時代はこの手のアングラ記事を追いかけていたが、今はその余裕はない。改めてチェックしてみたいと思います。
ちなみに「オフィス・マツナガ」にて詳細が取り上げられています。

安倍晋太郎と消えた20億円
さて、今週土曜日に発売される「週刊現代」にはもうひとつ地雷が仕込まれています。安倍晋太郎氏が総選挙を前に保持した表のような裏のような20億、それがそのまま晋三氏の懐に納まっただろうという疑惑。
時効なのでしょうが、首相本人にもカネの疑惑はつきまといます。

*参考URL
オフィス・マツナガ
きっこのブログ

政局の今後
で、参院選大敗も責任を取らなかったシンゾー君は内閣を改造し、所信表明の後、代表質問前に辞任するという国民を愚弄するかのような行動に出たわけで、今後どうなっていくのでしょう。泥船に乗せられて船長だけ脱出したんじゃ、たまりませんわな。「覆水盆にかえらず」というか、一度方向性を見失った自民党はもともとが末期的状況で、膿が充満していたとはいえ、そろそろ多臓器不全を起こしそうなくらい弱体化してしまいました。誰が首相になろうとも、まずは尻拭いから始めなければならず、軌道修正するのは容易ではありません。
安倍氏もそうですが、自民党も急速に求心力を失っているように思います。例えば、総裁に選ばれた人物が、小沢代表を首相に指名するくらいの度量がなれば、この政局は乗り切れないのではないでしょうか?
それは相当の決断を要するので無理かとは思いますが...。
そして、小沢氏がなったらなったで暗黒な世界の幕が開けるのかもしれませんがw

とりあえず、これだけグダグダな内閣は空前絶後なので末代まで歴史に残りそうですね。

karnak at 01:35コメント(0)トラックバック(9) 

2006年09月21日

疑惑にまみれたHero 騙され続けたPeople

ウルトラマンガタロウは敗れ去り、中身のない素寒貧演説を繰り返した安倍氏が総裁になりました。バカの一つ覚えのように「適切に判断する」とかいうところは小泉節を踏襲したりしそうですね。耳障りのいい建前ばかりまくし立てるのはいいけれど、裏では何でもありだったりしてね(笑)

安倍晋三を取り巻く疑惑の数々
安倍晋三議員の疑惑が何者かによって検閲・隠蔽されている?
アクセスジャーナル
きっこのブログ
野口英昭は安晋会の理事だった−週刊ポストの衝撃スクープ(世に倦む日日)

一連の小泉劇場から見て思うのは、マスコミが一極集中型になってしまっているということ。"小泉劇場"と揶揄しながらも結局は小泉支持の立役者になってしまっている。
今回の安倍の圧倒的優勢報道はどうだろうか。
新聞・テレビで報道される世論調査とは結果がずれることが多いと言われるインターネット投票だが、ヤフーでの調査結果はこちらである。
ネット上では麻生太郎氏がフラッシュを作られたりして人気だったので、そういう影響もあるのだろうが、こうも違っている。
小泉劇場で効を奏したのはキャッチ・コピーに似たワン・フレーズ・ポリティックスだ。「構造改革なくして成長なし」といった具合だ。
これをアドバイスしたのが永田町と深い関係にある大手広告代理店と言われている。自民党も○○扱いである。ここのところ、党予算では広告宣伝費が上昇しているというのも頷ける。



これからどのような政策が生まれるのかは知らないが、派閥のしがらみが復活して官僚主義的な政治に戻る気がしてならない。
急激な改革の後には穏健派によって修正されていくというのは江戸時代の藩政改革、上杉鷹山や蜂須賀重喜の例を見てもなるほどと思うが、「美しい国」などといって幻想にしがみついていては急成長中の中国に抜かされ、追いつけなくなるだろう。そうなってはますます中国との対等外交は厳しくなるでしょうね。
これだけ疑惑の火種が燻ってるのだから早いうちに噴出するかも?
その辺は見所ですね。

関連ブログ
世に倦む日日
平成暗黒日記
虎哲徒然日記
スポーツ瓦版

▽タイトルフレーズ
ROCK AND ROLL HERO/桑田圭祐
*記事の内容と歌詞・歌は関係ありません。

karnak at 00:49コメント(0)トラックバック(3) 

2006年09月09日

醜い国へ

安倍氏独走態勢ということでますます政治への関心が薄れそうですが、とりあえず。

▽公式
自民党総裁選2006

当ブログでやったアンケート「ポスト小泉」では

・麻生太郎(1票/14.3%)
コメント:安倍ちゃんの前にこのひとがよかったんだけどなぁ
・安倍晋三(0票/0%)
・谷垣禎一(2票/28.6%)
・福田康夫 (1票/14.3%)
・河野太郎 (2票/28.6%)
コメント:TVタックル見てたら自民党か分からないのがイイ
・田中真紀子(1票/14.3%)

ということでした(ご協力ありがとうございました)。
安倍氏はここでは0票でしたが、世間では圧倒的な支持の模様。
が、本当にそうなんですかねー。
純ちゃん人気の時もそうだったし、前回の衆議院議員選挙の時もそうでしたが、マスコミが煽ることで実勢以上に安倍人気が根付いているような雰囲気を出している気がします。これも電○様の力なのでしょうか。

一方で、安倍氏の著書「美しい国へ」は売り上げこそ好調ですが、不満が噴出しているのも事実。僕なんかは読む気もしないので内容には触れませんが、テレビでの政見等を見ていても中身がないのが丸わかりですもんね。
ウチの祖母なんか、政治家が「美しい国」と言うなんてバカバカしいと切り捨ててました(笑)

そう、どこが「美しい国」なんでしょうねw

安倍晋三氏の秘密の後援会に「安晋会」なるものが存在します。今年になって世間を騒がせた耐震偽装問題ライブドア事件。一見、別々に思えるこの事件を結ぶのが安晋会であり、安倍晋三、その人だとされています。

▽関連
野口英昭は安晋会の理事だった−週刊ポストの衝撃スクープ(世に倦む日日)
きっこのブログ
アクセスジャーナル
ウィキペディア

掘れば掘るほど闇は深いように思いますが、いかがでしょうか?
この人に日本を任せてもいいんでしょうかね?w
もっとも、ノリで選んでは後の祭り、を繰り返してきたわけで、今さら何の期待もしてないし、関心もないというのが多くの意見かもしれませんが(苦笑)

政策面では総裁選公式サイトでも当たり障りのないことを述べて優等生面をしているようですが、結局、消費税は引き上げ、集団的自衛権の容認などに動く模様。
「再チャレンジができる社会」を目指すなどと言っていましたが、口で言うほど簡単じゃないでしょうね。

「週刊ダイヤモンド 06年9月2日号」のタイトル「リストラ父さん、フリーター息子」ってのは少し生々しい気もしますが、「格差社会」の現状はそのようなものかもしれません。
ダイヤモンド
都市部では景気が好調であるかのように言われているけれど、それは大量リストラと新卒不採用といった犠牲の上にできたこと。その後のフリーター、契約社員・派遣社員の増加は「ワーキングプア」を生み出す大きな要因になったとされます。
見た目のよさの裏にある悲しい現実は想像以上に深刻なんじゃないかな。
一度陥ったスパイラルから抜け出すのは簡単ではないはず。
今はまだ見た目のよさが表に出ているかもしれないけど、何年か後に少子高齢化と相俟って国際競争力という面でも大きな損失になるでしょうね。

そのあたり、「ワーキングプア」とは無縁の安倍氏はどれだけ汲み取って政策に反映できるのでしょう。甚だ疑問ですね。

続きを読む

karnak at 01:05コメント(2)トラックバック(1) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード