北朝鮮

2017年04月16日

北朝鮮、不発


米ホワイトハウス当局者は16日、北朝鮮が同日発射したミサイルについて「ICBM(大陸間弾道弾)ではない。おそらくは中距離ミサイルだ。発射後4〜5秒で失敗した」と説明した。
今後の対応については「大統領は軍事、外交など幅広い選択肢を持つが、今回の失敗したミサイルに特に対処する必要はない」と述べ、当面は静観する姿勢を示した。
ペンス米副大統領のアジア歴訪に同行する記者団に語った。
【毎日新聞】


大見栄を切った金委員長ですが、結果は失敗。
各国臨戦態勢を整えましたが、"振り上げた拳を下ろす"先がない。
北朝鮮としてもこうなると暴発するのは愚かなことで仕切り直しかもしれませんが、ここまで来た以上、平和的解決も望めないでしょう。というかあり得ない。
中露―日米韓の戦後処理を模索した動きが露骨になるかもしれません。
日本も平和ボケしているわけにはいかない。いつテロが起きるかもしれないし、北朝鮮のミサイルも日本は射程内。迎撃ミサイルも確実とは限らない。
結局、朝鮮半島は何度も戦争を繰り返さないと収まらないようですね。

【米国】

アメリカ軍は、世界最大の原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする船団がオーストラリアに移動する予定を変更し、朝鮮半島周辺へ向かったと発表した。アメリカ海軍の原子力空母は、すでに日本の横須賀基地に、「ロナルド・レーガン」が配備済み。

 今回のように、2隻の原子力空母が極東アジアに展開するのは、極めて異例。全長333メートルの巨大空母「カール・ビンソン」は、複数の護衛艦を従え、「第1空母打撃群」を組織。いざとなれば、爆撃機を発進させ、北朝鮮内へのピンポイント攻撃も可能になる。「カール・ビンソン」内の厨房(ちゅうぼう)は、およそ7,500人にのぼる乗組員の胃袋を支えるとあって、その広さも最大級。  【Yahoo!!】


【ロシア】

4月11日、ロシア太平洋艦隊のミサイル巡洋艦「ワリャーグ」と中型海上給油艦「ぺチェンガ」が、韓国海軍作戦司令部がある釜山に入港しました。  【http://japanese.china.org.cn/】


【中国】

北朝鮮の6回目の核実験の兆候と米軍の軍事対応警告で韓半島(朝鮮戦争)内の軍事的緊張が高まる中、中国当局が最近、韓半島(朝鮮半島)海域に潜水艦20隻を配備したという主張が一部で提起されている。

 中国人権民主化運動情報センターは14日、中国消息筋を引用し、中国当局が最近、中国海軍の北海艦隊と東海艦隊が潜水艦をそれぞれ10隻ずつ韓半島海域に急いで配備したと伝えた。
【http://s.japanese.joins.com/article/077/228077.html?servcode=A00§code=A00 】


トランプ金

【北朝鮮パレード】


karnak at 23:20コメント(0)トラックバック(0) 

2014年04月20日

タックスヘイヴン

シンガポールで1,000億円を運用する日本人ファンドマネージャーが不審死を遂げた。その妻の高校時代の同級生によって不可解な死が紐解かれ、いくつもの死とともに、あまりにも深い闇が炙り出される。資本主義社会にあって、”カネ”に翻弄され続ける先にはこうしたタックスヘイヴンが存在し、結局は政治も公安もヤクザも北朝鮮も裏では繋がっている同じ穴のムジナなのだ。
“御用聞き”古波蔵祐(こばくらたすく)がゴミ溜めのような世界をハードボイルドに渡り歩くスリリングな展開で、北朝鮮の張成沢粛清や核開発問題、タックスヘイヴン、公安組織の闇、ODAに纏わるカネの問題を巧く抉りながらも、儚げな恋愛模様も描く面白い作品でした。
ゴミ溜めと変わらない日本の政治組織(在日?)に税金を吸い上げられるのはまっぴらだけど、行き着くところは破滅という世界に足を踏み入れるよりはささやかな幸福に浸っていたいですね(^^;)





タックス・ヘイヴンとは、一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域のことである。租税回避地(そぜいかいひち)とも呼ばれる。 【wikipedia】

現在はタックスへイヴン対策税制が敷かれ、規制が強まっている。

こちらのサイトでは租税回避地にオフショア法人を設立している法人を検索できたりします。続きを読む

karnak at 15:04コメント(0)トラックバック(0) 

2006年10月09日

北朝鮮、地下核実験強行

北朝鮮国営朝鮮中央通信によれば...
「北朝鮮は9日、朝鮮中央通信社の報道を通じ、核実験が成功したと発表した」
「わが国の科学研究部門では2006年10月9日に地下核実験を安全に成功させた。科学的計画と綿密な計算により行われた今回の核実験は、放射能流出などの危険は全くなかったことが確認された」

ついにやっちまいましたねぇ。
各国ともいまだ事実関係を確認中ということで、核実験にしては規模が小さかったというのが判断を遅らせている原因のようです。
まぁ宣言をした以上はやらないと収まらないんだろうし、よく言われているとおり、六カ国協議に見切りをつけてアメリカなどとの直接交渉を有利に展開しようとしているんでしょう。
あるいは北朝鮮国内における飢餓と貧困、そして金融制裁によって追い詰められてきたということかもしれない。

政府は9日、北朝鮮が核実験を実施したと発表したことを「核兵器廃絶を目指す国際社会の努力への挑戦」と受け止め、あらためて核開発の即時停止を求めるとともに「地域の安全保障上の脅威」だとして、直ちに国連憲章7章に基づく制裁決議案を安全保障理事会に提出する方針【FLASH24

もはや失うものもない北朝鮮は、第二次世界大戦中に負けを覚悟でアメリカに戦いを挑んだ大日本帝国と重なる部分も少なからずあるのではないか。暴走が続けば極めて危険だ。

今回は放射線漏れはないということだが、海産物等を通して間接的に被害を受ける可能性もあるのでちょっと怖いですね。
できたてホヤホヤ、国会討論でタジタジの安倍総理がこの難局にうまく対応できるのか、甚だ心もとないんですが。

karnak at 21:15コメント(0)トラックバック(8) 

2006年07月05日

北朝鮮、ミサイル7発

ここのところ発射準備が進んでいるとは言ってましたが...
ホントに発射してしまうとは思いませんでしたねぇ。
しかも、7発とか。3発目はテポドン2号だそうで。
午前3時32分、4時4分、4時59分、7時13分、7時半、8時17分、午後5時22分。

ねらいはなんだろう、わからない。

今日はアメリカの独立記念日。アメリカに対する挑発行為か?
アメリカとの単独交渉に持ち込めれば、金正日の狙い通りなのかもしれない。

今日は万景峰号が新潟に入港する日であり、その日に日本海へぶち込むっていうのは指揮系統に乱れがあるのか、という見方もある。

日本は...正直取るに足らないのかもしれない。ちょっと脅しをかければ金やら米を送ってくるし、麻薬も買ってくれる。拉致問題で絡まれるのはウンザリだからいい加減にしておけ、というのが本音かもしれない。
安倍晋三官房長官は「北朝鮮に対して厳重に抗議し、遺憾の意を表明する」なんて言ってますが、こんなことで怯むはずもないだろう。
経済制裁は当然だし、生ぬるいと思う。
ただ、日本には拉致問題という弱みがあるので、何にしても強くは出られない。
平和的解決は望ましいが、それを踏みにじってきた北朝鮮に期待はできない。
打算的で、常識は持ち合わせない。

だから...狂った北朝鮮が何をやるのかすこぐ怖いところがある。
実際問題、東京にぶち込まれたらたまっものじゃない。
早く脱出しなきゃ(ぇ)

しかし、小泉首相も言ってたけど、北朝鮮にメリットはあるのだろうか。
弾道ミサイルの発射の凍結に言明した日朝平壌宣言の明らかな違反であり、国際的批判は免れないだろう。
金正日政権にとって大きな転機になるかもしれない。
米国があれを発動したら瞬殺なのだが、そうはできないことは知っているようだ。
果たして、どうなるか。

▼関連記事
毎日新聞
世に倦む日日

karnak at 21:34コメント(3)トラックバック(3) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード