2019年02月06日

東海カーボン株価動向

来週決算を迎える好業績企業のひとつに東海カーボンがある。
好業績でも売られているのが現状だ。

XK1F01NM

現在の空売り残高はこちら
機関投資家がこぞって空売りを仕掛けているのがよくわかる。
東海カーボンは2018年12月期は好決算を見込んでおり、その第2四半期、第3四半期ももちろん上方修正が出るなどのよいIRであったにもかかわらず、売り込まれた。各機関は空売りによって利益を得ていたということだ。
年末はいくぶん収まったようにみえたが、ここへきてまた売り残が増加傾向にある。

2019/02/01付では 
***モルガン・スタンレーMUFG 7.370% +0.150% 16,598,811株 +345,007***

となっており、異常な売り残があることがわかる。

1月末に三菱UFJが大量保有報告書を立て続けに変更していることにリンクしてくる。

一方、その三菱UFJフィナンシャルGの4-12月期は好業績だったという。

三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が4日発表した2018年4―12月期決算は、当期利益が前年同期比1.0%増の8722億円となった。通気予想に対する進捗率は91%となった。4―9月期までと比べると、市場部門収益の落ち込みが目立っている。
グループの連結業務粗利益は、同3.3%減の2兆8292億円。資金利益は海外貸出ビジネスが伸びて1.3%増となったものの、市場部門収益が市場環境の悪化などで債券関係損益を中心に不振で26.1%減となったのが響いた。
業務純益は、同12.1%減の8410億円となった。
当期利益の増益要因は、与信関係費用。前年同期よりも1014億円改善し、戻り益として673億円を計上した。株式関係損益は503億円悪化の846億円の利益。そのほか、持ち分法適用会社の米国のモルガン・スタンレーの収益貢献も大きかった。【2/4付 ロイター通信】


こうなると最後の一文が気になるところだ。

2/12決算発表となるが果てして..、、


karnak at 00:11コメント(0) 

2006年11月15日

レックスHD MBOへ

レックス・ホールディングスというと知らない人もいるかもしれませんが、牛角・ampm・成城石井などのグループです。JASDAQに上場していましたが、今回マネジメント・バイアウトする模様。

コンビニエンスストア「am/pm」(エーエム・ピーエム)や焼き肉チェーン「牛角」を展開するレックス・ホールディングス(HD)は10日、経営陣による企業買収(MBO)を実施し株式を非公開化する方針を固めた。独立系ファンドと協力し、買収金額は600億円程度となる見通し。経営の効率化を進めるために、ジャスダックでの上場を廃止して事業再構築を加速する。
レックスHDは10日午後に正式発表する。MBOで経営陣と協力するのは独立系投資会社のアドバンテッジパートナーズ(東京・千代田)。レックスHDの西山知義社長とアドバンテッジが共同で特別目的会社(SPC)を設立し、SPCがレックスHD株式をTOB(株式公開買い付け)で取得する。SPCへの西山社長の出資比率は3分の1程度となる。
買い付け価格は23万円程度と9日終値(20万7000円)を1割強上回る水準となりそう。TOBの期限は12月中旬となる公算が大きい。最終的にSPCは全株の取得を目指し、レックスHDは上場廃止となる。【NIKKEI NET】





▽関連
REX HD
プレスリリース/IR情報
MBO―IT情報マネジメント用語辞典



続きを読む

karnak at 00:32コメント(0)トラックバック(0) 

2006年10月24日

出光興産、一部上場

所用で今日は実家に帰ってきました(´・ω・`)ノ

あまり興味が無いと思いますが、こんなネタも。。。
出光というと言わずと知れた石油大手ですが、長らくオーナー経営でやっていて上場とは無縁だったわけです。
会長職には出光さんが座っているけれど、時代の流れというとでしょうか。
有利子負債も結構かさんでいるので、資金調達という面が強いでしょうね。

先日も「サハリン1」を巡って中国にしてやられた感じなので、油田開発の段階から投資して権益確保していかないと今後のエネルギー政策はいっそう厳しくなりそうです。

毎日新聞/10.21
日本が開発に参加している石油・天然ガス開発計画「サハリン1」をめぐり、事業を主導するエクソン・モービルが中国側と、天然ガスを中国へ全量売却する交渉を始める覚書を交わしたことが21日、分かった。経済産業省は「日本企業が排除されたわけではない」(幹部)としているが、日本企業には買い手がなく、日本がこの天然ガスを獲得する可能性は一段と小さくなった。
サハリン1は国や石油資源開発などの日本企業が計30%を出資。日量25万バーレルの生産を見込む原油は昨年生産を始め、新日石などが購入を決めている。

さて、マーケットの動向はいかに?
ライブドアファイナンス

初日の終値は公募価格(9500円)を上回る1万770円で、時価総額は4183億円で、3日に上場した野村不動産ホールディングス(初日の時価総額6152億円)に次ぐ今年2番目の大型上場となった。【読売新聞】





karnak at 23:52コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード