旅日記

2017年06月23日

撮影会@伏見

参加している写真クラブの撮影会がありました。
場所は京都伏見。
伏見稲荷から松本酒造に立寄り、宇治田派流周辺まで。

伏見稲荷松本酒造

伏見稲荷はすごい人出でびっくりしました。
外国人観光客が大半のような...。

宇治十石船

古の趣きから斬新な可愛さまでが同居し、閑かさと華やかさを心にもたらしてくれる京都はいつ行ってもいいし、新しい発見があります。

写真の出来はもうひとつですかねぇ。400枚程とったのでよく分からなくなりましたがw

karnak at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 

2017年03月11日

狐の嫁入り〜京都東山花灯路2017〜

京都東山花灯路2017」行ってきました。
お寺はもちろん、祇園や円山公園などもライトアップされたり、プロジェクションマッピングしていたりでとても綺麗でした。
自分のメインは「狐の嫁入り巡行」。
人力車と提灯行列で再現された「狐の嫁入り巡行」は見ると幸せになるらしいです。今回はなんと知人がこの嫁役を務めるということで行ってみました。

古くから夜間の山野に怪火(狐火)が連なって見えるもの、あるいは天気雨のことを「狐の嫁入り」と呼ぶ習わしがある。かつてキツネには妖怪のような不思議な力があるといわれていたことから、キツネの仕業と見なされたという。

四条から延々と歩くということをしていたらいろんな店に出会って楽しかったけど、ご飯を食べる時間がなくなり、無駄に名古屋で買ったマックポテトを円山公園でつまみつつ、知恩院へ。
20時出発ということで早めに行くと、折しもライトアップされた山門上空に月が出るという神々しい光景に。

知恩院

中学時代は毎年知恩院参りがあっただけに本当に縁深さを感じます。

狐の嫁入り1狐の嫁入り3

狐の嫁入り2狐の嫁入り4

知恩院から高台寺まで人力車と行灯行列が続きます。ギャラリーも凄い数。
結構潜り抜けるのは大変でしたが、先回りしつつ走り回ってました(爆)

狐の嫁入り5狐の嫁入り7

白無垢に身を包んだ花嫁はきれいでしたが、約30分というコースなので意外に足早だったかも。
一生で見られるか見られないかだと思うのでとても貴重な体験でした。楽しかったです。

狐に騙されたくはないけど、ウチにも嫁入りしてくれないかなー。

karnak at 23:40コメント(0)トラックバック(0) 

2017年02月18日

京都寺巡り

諸行無常を感じる今日この頃、京都旅を敢行しました。
またまた1日付き合ってもらっちゃいましたが、久々に楽しい休日を過ごせたように思います。

とりあえず嵯峨嵐山に到着するも、さっそく湯豆腐や湯葉の嵯峨御膳セットで腹ごしらえ。
目的地に設定したのは今回鈴虫寺こと臨済宗華厳寺でした。水樹奈々の聖地ともなっているところです。

鈴虫寺

30分法話を聴くスタイルなので回ごとに長い行列が。人気なんですね!
実際全国津々浦々から来ているようでした。
今回聴いたのは3点で「成せば成る」「和顔愛語(わげんあいご)」「利他」。
僧侶が面白おかしく冗談を交えながらも話をされるのですが、どれも今の自分には心に沁みるお話でした。
それにしても鈴虫の数はすごいですね。

続いて近隣にあって目に付いたので訪れたのが地蔵院。
なんでも一休が幼少期に修養した場所なのだとか。

地蔵院

さらに松尾大社へ。あいにく工事中でしたが、初参拝。
嵐山方面はこれまで何度も来ましたが、この辺は初めてでした。

松尾大社

嵐山

渡月橋は何度来てもいいですね^^
途中、雲行きが怪しくなって雨に降られましたが、いい1日でした。

渡月橋


karnak at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 

2016年09月10日

知多四国

昔の仲間と知多四国の小旅行。
昼食は大漁園でごちそうを。
時折、再会できること、それはとても幸せなことなのだろうと思います。

知多市国

karnak at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 

2016年08月29日

山形〜新潟温泉の旅

久々に濃厚なメンバーで温泉旅行。
27日〜29日までです。
初日は一路、山形を目指しました。
昼食は新潟でへぎそば。

へぎそば

この日は小雨が降っていて少し肌寒いくらいでしたが、美味でした。

宿は小野川温泉「河鹿荘」。
広々として趣きがあるとてもいい宿でした。
部屋の名もまた優雅。仄かな「夢」が宿るのを信じて...。

小野川

2日目は上杉神社と寺泊に立寄りつつ、宿を目指しました。
昼食は福島の喜多方ラーメンを朝昼夜(あさひや)でひまわりラーメン。
かなりボリューミーなチャーシューでした。

ひまわり

宿は山間なので運転が少々大変でした。
まつだい芝峠温泉雲海」。

ホテルからの眺めは最高でした。その雄大な眺めの露天風呂。かなり贅沢ですよね。
朝方5時には少しですが、眼下に雲が広がっていました。朝焼けに映えて綺麗でしたね。

久々の温泉旅行、これからの厳しいスケジュールを考えても、貴重なひと時でした。

karnak at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 

2015年11月15日

きらかん

今の会社では初めての社員旅行に行きました。
行先はお客様でもある「吉良観光ホテル」。

きらかん

会社として最初に泊まりに行ったのは35年前とのこと。今年5月にリニューアルして装いも新たに。

きらかん1きらかん2

一度は...と思っていたのでよかったです。



karnak at 20:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月12日

京都再発見

今日はふと思い立って京都へ。何年ぶりかわからないけど、再会。案内してもらっちゃいました。
久しぶりなのに、これだけ付き合ってくれて感謝感謝です。


続きを読む

karnak at 22:13コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月30日

新平湯温泉

今年は誕生日は奥飛騨の宿「なかだ屋」で迎えた。
天候は激しい雨、相方も生理痛が酷いという状況で散策などはできなかったが、久々の旅は楽しめた。

それにしても高山には縁があると思う。
また、訪れたい。

なかだ屋

karnak at 21:37コメント(0)トラックバック(0) 

2014年11月02日

京都散策2014

紅葉には早いかと思いつつ、京都嵐山へ。
やはり京都は落ち着きますね。

渡月橋

天気はイマイチでしたが、薄暗い渡月橋も一興でしょうか。
昨年の水害は大変だったようですが、周辺のお店も修繕を終えて活況を取り戻していました。

天龍寺1白式部

天龍寺の特等席でまったり。贅沢な午後を過ごしました。
お庭の散策もゆっくりできました。

思い出深い一日ですね。

karnak at 18:59コメント(0)トラックバック(0) 

2014年07月22日

四国初上陸の巻

国内なのに遠い場所、四国へは今回が初めて。
新幹線で新神戸に着くと、ポートライナーで移動してまずは神戸でエムケイ石油神戸空港SSを視察。ガソリンスタンドとオートガス、天然ガスというフルスペックの給油所ということで前から気になっていたところです。

mk


IKEAの斜向かえということで盛況でしたね。

神戸ではマル氏と合流してジャンボフェリーに乗船。夜中の1時に出発です。

フェリー1

フェリーなんてホント久しぶりでよかったです。ただ、長椅子に座って寝る感じになったので、ほとんど寝れず。

睡眠不足のまま5時には香川県に上陸、軽く腹ごしらえした後はすぐに金毘羅宮参り。
無慈悲な階段が1,300段以上?続いていました。

こんぴら1こんぴら2

早朝だからまだしもですが、着いた頃には汗が噴き出て止まりませんでした(^^;)

こんぴら3奥社

金毘羅宮では御朱印を頂きましたが、奥社「白峰神社」は不在でもらえませんでした。。。

そのほかでもマル氏の運転のおかげでいくつか観光させてもらいました。

善通寺高松城跡

善通寺に、高松城跡。
お昼はもちろん讃岐うどん。早い時間から並ぶ地元でも人気の「もり家」。大きなかき揚げが名物です。本当においしいですね。

そして、いよいよ真の目的地であるテアトロンへ。本当に秘境なのかもしれません。それでもたくさんの人が集まってしまうのがすごいと思います。

奈々奈々2

17時半から21時ころまで。帰りも大変でした。

帰りは一泊してからまたまたジャンボフェリー。
景色がきれいでしたし、風が半減していて心地よかったです。

フェリー2明石大橋

神戸

今回の旅ではマル氏にお世話になりっぱなしでした。本当にありがとうございました。

karnak at 23:52コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月11日

元気な街

日帰りで東京に行きました。
名古屋に居続けるとなにか煮詰まってしまうので活き活きした街に出かけることは大事なことになっています。

増上寺増上寺2

増上寺は2回目かな。徳川家の霊廟も訪れました。
寺社を訪れると心がすっとします。

浅草寺a浅草寺b

東京も本当に暑かったけれど、浅草寺は相変わらずの賑わい。
老若男女、国を問わず盛況なのはいいことですね。

帰りに原宿に寄ってみましたが、竹下通りはいまだ再開発中のようでした。
すこしずつ変化し続けていますが、これからどうなるのか楽しみです。



karnak at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 

2013年06月16日

秘湯の旅―別府温泉〜白骨温泉

恒例の秘湯めぐりの旅も今回で最終回。
はじめの頃はその強行軍に度肝を抜かれましたが、今ではそいろいろなことを懐かしく思います。
今回の行く先は長野県白骨温泉。まずは松本方面へ向かいました。

続きを読む

karnak at 21:58コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月28日

葛城古道

奈良の中でも奥地にあるためか、メインの観光スポットにはなっていないし、実際行くのに時間のかかる場所ですが、日本の原風景ともいえる場所がきっとあると思い、思い切って行ってみました。

よみがえる万葉大和路 平城遷都1300年記念出版 (ランダムハウス講談社MOOK)よみがえる万葉大和路 平城遷都1300年記念出版 (ランダムハウス講談社MOOK) [ムック]
著者:ランダムハウス講談社編集部
出版:武田ランダムハウスジャパン
(2010-03-29)

続きを読む

karnak at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2013年04月14日

奥飛騨新穂高温泉

毎年恒例の?旅行も3人中2人が結婚となり、これが最後かも?
今回は槍見館のさらに奥に入った野々花山荘に泊まりました。「日本の秘湯を守る会」でも新しい会員で、建物自体、比較的新しいようです。

野の花山荘2野の花山荘

錫丈岳を望む露天風呂は少し肌寒かったですが、最高の景色ですね。
夜にも入りましたが、星空も綺麗。
街中にいるといつの間にか見えなくなっていることが多いんだなと改めて感じさせてくれます。

料理の方は山奥とも思えぬ和洋折衷のオシャレな感じでした。
個人的には地場の食材、雰囲気づくりに徹してた方が好きかもしれません。

錫丈岳

まだまだ雪の残る錫丈岳は美しくも凛々しく聳え立っていました。


日曜日は高山祭ということもあり、できれば見ていきたいところでしたが、渋滞に巻き込まれては大変ということで午前中には解散しました。

その後はなぜか谷汲山の華厳寺へ。
知りませんでしたが、こちらもさくらまつり最終日ですごく賑わってました。

谷汲山華厳寺

建立は延暦十七年(798)に遡るだけあって歴史ある荘厳な雰囲気を醸し出しています。

華厳寺





例によって本堂で御朱印をいただきましたが、西国三十三番の結願札所として花山法皇が詠まれた御製三首の御詠歌にちなんで三つ御朱印があります。三つの御朱印とは本堂(観音堂)・満願堂、笈摺堂を指し、それぞれ現在・過去・未来を意味するということです。

久々の古刹巡拝、清々しい気持ちがしました。

karnak at 23:24コメント(0)トラックバック(0) 

2013年03月17日

宗像大社〜博多

土曜日は久々に博多へ行ってきました。続きを読む

karnak at 21:23コメント(0)トラックバック(0) 

2012年12月09日

東京散策

「男おいらん」鑑賞目的の上京でしたが、久々に散策してきました。

続きを読む

karnak at 23:56コメント(0)トラックバック(0) 

2012年07月08日

奥湯沢 温泉の旅

前回は不参加となった、とある温泉旅行会に土日で参加してきました。
某工場にてオイル交換真っ只中なのでいい休養になったかも。
遠出なので疲れもありますが。続きを読む

karnak at 22:11コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月30日

大和巡拝

この日は斬新なメンバーで奈良の御朱印巡りをしてきました。

愛知県内から出発した3人に加えて京都で一人合流して、まずは長谷寺へ。
この時期は牡丹まつりをしているので、思ったほどではないですが、結構混んでました。まだ咲きはじめといったところですが、きれいでした。

長谷寺1長谷寺2


桜や紅葉の季節もいいのでしょうが、新緑もいいものですね。清々しいです。

長谷寺3


長谷寺では普段見ることのできないようなところまで見学できて貴重な経験でした。
参道ではみんなで草餅とか試食しまくりでした(´∀`)

西国三十三か所の番外編である法起院にも立寄り。

法起院


なんとここでデジカメを置き忘れてしまい、あとで取りに戻るという失態を...( ̄▽ ̄;)!!ガーン
取り戻せたのはよかったのですが、ずいぶん時間をロスして迷惑かけました(;´Д`)

お昼は三輪まで行って名物三輪そうめんを。
以前、自分が行ったことのある「山本」の「三輪茶屋」でそうめんセットを食べました。

三輪茶屋


そのあとは三輪山自体をご神体とする「大神神社(おおみわじんじゃ)」と狭井神社へ。
この神々しい空間が大好きです。

大神神社


そして休む間もなく橿原神宮へ。ちょうど神武天皇陵の隣に位置しており、広大な面積と荘厳な雰囲気をもつ神社でした。
17時間際になんとか入れたので御朱印もいただくことができました。

橿原神宮


年代がまるで違ったりで、かなりチャレンジャーな旅でしたが、結構楽しめました。
ずっと頭痛がしていたのが難点でしたが...。

奈良は未開拓地域がまだまだあるので、ホントはしばらく滞在して天皇陵や古刹巡拝、山の辺の道など和歌に詠まれた場所などをまわってみたいなと思っています。

karnak at 23:23コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月15日

伊豆の旅

土日は伊豆半島の温泉に行ってきました。

温泉旅館でまったりという身分でもないけれど、"仲間"(というか大先輩方)と毎年1回集まるというのもいいものですね。
途中、「桜家」という老舗のうなぎ屋さんで昼食をとり、三嶋大社へ行ったりもしました。

静岡ということもあってか、炭火焼とかではなく、蒸してあったのでまたちがった感触を楽しめました。

桜家桜家2


国産うなぎは報道もされていましたが、かなりの減産ということで値上がりしてましたね。
この日豪勢だったので2日目の昼はラーメンでした(笑)

石本家


例によって御朱印もいただきました。

三嶋大社1三嶋大社2


今回泊まった宿は"日本の秘湯を守る会"会員の「山芳園」。

今まで何度も人里離れた山奥を訪れているので、今回は秘湯という感じでもありませんでした。続きを読む

karnak at 23:16コメント(0)トラックバック(0) 

2012年02月12日

二川宿

豊橋の仕事ついでに二川宿に行ってきました。
なんだか大学時代に戻ったみたいで楽しかったです☆

二川宿1ひな壇


資料館には宿場町の様子や記録が展示してあり、旅籠の様子も再現されていました。
詳細な記録を読み解きながら卒論を書いていたころが懐かしいですね。
ひなまつりが近いためか企画展示もあって賑やかでした。

帰りには大樹寺に立寄り。

大樹寺2大樹寺1


社会人になって失われてしまったものを少しは取り返そうとしてもいいかなと。

karnak at 22:07コメント(0)トラックバック(0) 

2011年10月16日

斎宮行列@嵐山

今日は宅建を受けるはずでしたが、京都行ってました(爆)
全くもって受かる見込みがなかったので(苦笑)。
試験前に仕事が立て込むのはよくないですね(言い訳ですけど)。

そんなわけで向かった先は野宮神社の斎宮行列です。

伊勢神宮に奉仕する斎王が伊勢に向う前に潔斎をした「野宮」に由来する神社であると伝えられる。天皇が代替わりすると、未婚の皇女・女王の中から新たな斎王が卜定され、嵯峨野の清らかな場所を選んで作られた野宮に入って一年間潔斎した後に伊勢神宮へ向かった。その時の行列を「斎王群行」といい、現在では毎年10月の例祭において「斎宮行列」としてその様子を再現している。   【ウィキペディア】


続きを読む

karnak at 21:00コメント(2)トラックバック(0) 

2011年08月20日

天孫降臨 九州の旅3

最後の日の朝は、旅館に無理を言って朝食を15分ほど早めてもらった。
それでも朝風呂には入ったし、温泉旅館を満喫したといえそうだ。

8時前にはタクシーに乗り込み、霧島神宮へ。

霧島神宮


最初は余裕があればと思っていたが、前日にタクシー運転手に相談したところ、ギリギリ行けそうということだったので結局強行軍に。でも、実際一生で一度来れるかどうかだと思うので行けてよかった。

そのあとはJR九州〜九州新幹線に乗り継いで博多へ。
傍目にはかなりの破天荒な旅に見えるかもしれない。
ただし、天候的にはゲリラ豪雨をうまいこと避けることができていた。

懐かしの博多ではかつて屋台で食した「一竜」の豚骨ラーメンを店舗にて。

一竜一竜2


やっぱり博多とんこつが一番です!!

そのあとはあえて動かず、キャナルシティを満喫しました。

キャナルシティ2キャナルシティ


東京にも名古屋にもこういったタイプのモール×アミューズメントはないのですごく気に入ってます。
隣接地には増床予定ということで工事をしてました。完成したらまた来たいな。

お茶したり、ウォーターショー観たり、マッサージ行ったり、お土産買ったり。
どちらかというと普通の休日のような一日でした。

帰路は福岡空港から再び飛行機。強風のためか結構揺れましたが、無事到着。

社会人にしたら2泊3日の旅行(有給はとってない)は贅沢な気もしますが、母も50歳を迎えたことだし、自分も今後忙しくなることが予想されるので、いろんな気持ちを切り替える意味でもいい旅行になりました。

karnak at 23:55コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月19日

天孫降臨 九州の旅2

2日目の朝はひたすら高千穂めぐり。
神々の里というだけあり神社が多いです。

▽天孫降臨
ウィキペディア


続きを読む

karnak at 22:53コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月18日

天孫降臨 九州の旅1

お盆明け、社会人にしては長めの休みをとって親と九州に旅行に行きました。
天孫降臨の地、日向国を中心に。
そんなに行けるものでもないし、「日本の秘湯を守る会」のスタンプ帳がいっぱいになっているのを考えればこのタイミングになりました。

といっても、結構ハードなスケジュールを立てたので初日から忙しかったです(笑)

まずはセントレアから大分空港へ。

空
続きを読む

karnak at 23:34コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月15日

秘湯の旅―奥飛騨かつら木の郷―

土日で前の会社の方々と奥飛騨温泉に行ってきました。
高山で2名と合流して向かった先は福地温泉「かつら木の郷」。
日本の秘湯を守る会の会員です。

かつら木の郷かつら木の郷2


温泉街になっていて宿泊者は札をもらって1湯だけ他の宿の温泉に入ることができます。
比較的近場の「飛水」というところに入りました。

飛水


こうした温泉街は雰囲気がすごくいいですね。
日常を離れてゆっくりできました。

宿泊先の料理も贅沢すぎましたw

かつら木の郷3かつら木の郷4


宿全体の雰囲気も趣きがあり、調度品や囲炉裏、明かりが素敵でした☆

旅の目的は...実は婚活報告会だったりしたのですが...昨年からの進展はありませんでした(笑)
どうなることやら...。

そのあとは夜中の3時まで飲み明かして完全に寝不足でした(爆)

朝食は豆乳鍋がよかったです。

かつら木の郷5


2日目は安国寺に立寄ったり、土産を買ったりして帰路へ。

かつら木の郷6


去年につづき、本当にお世話になりました。お土産も頂いてしまって感謝感謝です。

karnak at 22:01コメント(0)トラックバック(0) 

2011年05月04日

破天荒な東京往き

ゴールデンウィークの中頃、帰省でもないのに、そしてそこまで仲がいいわけではない人と東京へ車で行ってくるという破天荒な旅をしてきました。続きを読む

karnak at 22:37コメント(0)トラックバック(0) 

2010年11月21日

久々の上京

11/18・19(金・土)は久々に上京していました。

続きを読む

karnak at 21:52コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月19日

近江商人のふるさと再び

今日は親と滋賀県までドライブに行ってきました。
明日が日宿直だし、1日くらいはということで、イベントらしきものがあるという近江商人のふるさと五箇荘へ。
ここは一度大学の卒論を書き終えたときに行っていますが、改めて行くとまた感じ方も違いますね。

続きを読む

karnak at 21:17コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月08日

心の旅

例によって前の会社の顧問より招集がかかり、土日で高山〜石川に行ってきました。
今回、あまり体調が良くなかったし、激ネムでした(汗)


初日の昼食は高山の「牛政」にて炭火焼肉。

その後、秘湯の湯「にしやま旅館」、白山スーパー林道を抜けての旅となりました。

白山

にしやま旅館

帰りは高山の「玉八食堂」。
イカ焼き、焼きとうふ。激ウマス!!

焼きとうふいか

久々の再開、やっぱりの会社はすごくアットホームな感じがします (´▽`)

また機会があれば参加したいものです。


日本の名湯100選―見直したい日本の「美」 (主婦の友ベストBOOKS)日本の名湯100選―見直したい日本の「美」 (主婦の友ベストBOOKS)
著者:主婦の友社
販売元:主婦の友社
発売日:2010-02-10
クチコミを見る


karnak at 21:48コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月01日

高野山巡拝

大阪なんばから南海電鉄で高野山へ。
前からは一度は行ってみたいと思っていたところ。

高野山ケーブル

まずは空海上人が真言宗総本山として建立した金剛峯寺。

金剛峯寺

その後、バスで奥の院へ。
途中、歴史上の人物の墓所がズラリ。

高野山

豊臣家墓所織田信長墓所

他にもたくさんありました。
鳥肌が立つほどに荘厳な異空間でした。


日本の古寺大巡礼 (新人物文庫)日本の古寺大巡礼 (新人物文庫)
販売元:新人物往来社
発売日:2010-06-07
クチコミを見る


karnak at 23:32コメント(0)トラックバック(0) 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード