2017年10月23日

衆議院議員選挙の終結―アホノミクスの再開―


自民、公明両党の合わせての獲得議席が261議席以上となり、「絶対安定多数」に達した。
【毎日新聞】


"国難突破解散"という詭弁に発した突然の解散劇から野党第一党が分裂し、投票日には台風が直撃する波乱の衆議院議員選挙となったが、結果的には安倍独裁政権にお墨付きを与えることとなった。
森友・加計問題で国会が紛糾したことが大きなきっかけだったが、空白を避け、出費を減らすには総辞職でよかったように思う。野党の台頭を恐れ、準備期間を与えない選挙で政権の安定化を図る意図は確かにあったとは思うが...。

翻って野党は以前から小沢一郎氏を影の旗印として野党共闘の下地ができかけていた。
細川・小泉元首相も前原代表もそれならばと小池代表の希望の党を支持したのだが、民進党リベラルを"排除"すると発言したことで流れは変わった。そもそも現役都知事が国政政党の代表につくことが中途半端さを表していたが、いずれにしても若狭氏では役不足、大物を取り込まずに"小池ファースト"独裁政党にしてしまったことは大きなつまずきだった。これで野党連合は潰え、むしろ立憲民主党を立ち上げた枝野代表の男気が光った。

しかし、野党は安倍政権の揚げ足取りに終始し、とても政権を担えるだけのビジョン、政策を掲げることはできていない。希望の党は財源を明らかにしないベーシックインカムや内部留保の意味を取り違えているかのような法人課税を掲げた。実際、自民党が掲げた消費税増税分の利用対象変更もずいぶん出鱈目な感じだったが、たとえ野党が勝ったとしても、何をしていくのか全く分からなかった。

政権は自民党、内閣は総辞職のうえ、岸田か石破かといった選択の方がそもそも現実的だっただろう。

選挙結果からもこの国に"希望"があるようには見えない。

karnak at 00:38コメント(0) 
社会/経済 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード