2017年09月08日

大規模太陽フレア発生


NASA(アメリカ航空宇宙局)などによると、日本時間6日18:10頃および、21:02頃の2回、最大クラスであるXクラスの大規模な太陽フレア(太陽の表面で起きる大爆発)が発生しました。
2回発生したうち、21:02頃の太陽フレアの規模はX9.3となっており、X9.0以上のクラスの太陽フレアが発生するのは、2006年12月5日にX9.0を観測して以来、11年ぶりとなっています。
この現象に伴い、日本時間8日15:00〜24:00頃にかけて、太陽から噴出した高温のガスが地球に到達するとみられています。人体に影響はないものの、GPS(全地球測位システム)や電波通信、人工衛星に影響が出るおそれがあるとして、NASAなどが注意を呼びかけています。   【レスポンス】


ここのところ黒点が増大していた太陽。
このタイミングで太陽フレアとはなにか示唆に富んだ感じがします。
磁気嵐が発生するかもしれないですね。

karnak at 00:03コメント(0) 
社会/経済 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード