2017年04月01日

失われた天照大神の大預言「カゴメ唄」の謎

わらべうたや童話に、表向きの意味とは異なる深い意味が込められているとすれば...。
一寸法師、竹取物語、羽衣伝説、鶴の恩返し、竜宮城...。
そしてカゴメの唄。
地方によっていくつかのバージョンがあるらしいが、一般的なのはこれ。

「かごめ かごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀がすべった 後ろの正面だあれ」

単純に読んでも「夜明けの晩」「後ろの正面」という謎解きめいた言葉が目につく。

天の岩戸神話。伊勢神宮。元伊勢籠神社。

謎に縁どられた日本古代史が、原始キリスト教との関係から炙りだされてく。





karnak at 22:02コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード