2017年01月27日

油槽所閉鎖

一度訪れたいと思った場所、閉鎖してからの訪問となってしまいましたが、目にすることができてよかったです。
そして支店長とは今回初めていろんなことを話しました。
煉炭工場時代、プロパン・セメント時代、油槽所時代。
移ろいゆく時代を駆け抜けた東京支店での想いに接することができ、また語らうことができてうれしかったし、支店長としてはつらくもあり、苦労が絶えなかったことだろう。
曾祖父会長時代に運転手をしたことがあるとの話など感慨深かったです。

元売商社の二次基地は閉鎖が相次いでいる状況。
ここ何年かは海上と陸上の価格バランスが崩れたことが大きな要因です。

昭和48年開設、昭和54年増築。
多くの元売・商社に支えられて一時代を築きました。

昭和30年開所、昭和54年リニューアルのうちのSSの譲渡と時を同じくしての閉鎖。
ひとつの時代の終焉を改めて強く感じました。

小台

karnak at 23:51コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード