2014年12月31日

運命のlogicに踊らされた虚無の楽園 そこに、意味はあるのか?

2014年を振り返ってみましょうか。
今年はとにかく酷い不正・偽装・捏造に満ち満ちてました。
これだけコンプライアンスなどと言われる時代になって、なんなんでしょうね。

佐村佐村2

"21世紀のベートーベン"とまで持ち上げられた佐村河内守氏ですが、全盲と偽る稀代のペテン師でした。記者会見時の要望の違いもまた話題になりました。

しかし、"世界の三大不正"に並び称せられる研究者小保方晴子氏が登場したことでそれも少し霞んでしまいます。ネイチャー誌掲載の"リケジョ"として話題をさらった"STAP細胞"は結果的にはES細胞の混入によるものとして存在自体が否定されました。一連の騒動では理化学研究所において将来を嘱望されていた笹井氏が自殺するまで追い詰められました。ご冥福をお祈りします。

>まとめ

小保方

カラ出張を繰り返すなどの不正が表面化して辞任した野々村議員の記者会見も"マジキチ"として話題になりました。

野々村



自分自身も家で大規模リフォームを開始するなど大きな変化がありました。

増改築01

4月の消費増税を機に消費減退は顕著で、今後の先行きを考える時期に差し掛かったと言えます。

【タイトル/禁断のレジスタンス/水樹奈々】

禁断のレジスタンス
水樹奈々
キングレコード
2014-10-15







karnak at 22:06コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード