2017年02月18日

京都寺巡り

諸行無常を感じる今日この頃、京都旅を敢行しました。
またまた1日付き合ってもらっちゃいましたが、久々に楽しい休日を過ごせたように思います。

とりあえず嵯峨嵐山に到着するも、さっそく湯豆腐や湯葉の嵯峨御膳セットで腹ごしらえ。
目的地に設定したのは今回鈴虫寺こと臨済宗華厳寺でした。水樹奈々の聖地ともなっているところです。

鈴虫寺

30分法話を聴くスタイルなので回ごとに長い行列が。人気なんですね!
実際全国津々浦々から来ているようでした。
今回聴いたのは3点で「成せば成る」「和顔愛語(わげんあいご)」「利他」。
僧侶が面白おかしく冗談を交えながらも話をされるのですが、どれも今の自分には心に沁みるお話でした。
それにしても鈴虫の数はすごいですね。

続いて近隣にあって目に付いたので訪れたのが地蔵院。
なんでも一休が幼少期に修養した場所なのだとか。

地蔵院

さらに松尾大社へ。あいにく工事中でしたが、初参拝。
嵐山方面はこれまで何度も来ましたが、この辺は初めてでした。

松尾大社

嵐山

渡月橋は何度来てもいいですね^^
途中、雲行きが怪しくなって雨に降られましたが、いい1日でした。

渡月橋


karnak at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 
旅日記 

喫茶店めぐり55

京都嵐山メインストリートを一本折れてドン付きにあるカフェ「eX cafe」。

旧邸宅を改装したとのことで、ゆったり優雅な空間が広がっています。
名物の竹炭ロールと団子セットを贅沢に。

くろまる焼き



karnak at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 
喫茶店 

2017年02月14日

ハッピーバレンタイン

今年は希家で牛しゃぶを食べました。
雰囲気もすごくよくて、おいしかったです。

希家

そしてクッキーとマドレーヌ。
ストロベリーチップと湯煎したチョコを塗るという凝りようでした。
焼いたオーブンレンジはプレゼントしたものでしたが...。

バレンタイン



karnak at 23:50コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

2017年02月05日

この世界の片隅に

前々から注目していたのですが、タイミングが合わず、やっと観れた感じです。
想像以上によかったと思います。

描かれている時代は確かに太平洋戦争中の広島と呉ではあるが、そこにはなにげない日常、かけがえのない日常があった。戦争によってそれらが突然に壊されていく。
それでもすずは静かに日常と対峙し、歩み続ける。

日本人の心の在りかを改めて感じることのできる映画、自然と涙が出る、そんな映画だ。
そして、すずはのんでなければならない確かな存在感があった。





karnak at 22:16コメント(0)トラックバック(0) 
映画 

2017年01月29日

LIVE ZIPANGU 7本目

LIVE ZIPANGU 行ってきました!
アリーナ席12列目というのはよかったんですが、敷き詰められた椅子が難敵でした(^^;)
もちろんライヴは最高でした。
中盤から終盤にかけてアニキが加わってのトリプルギター炸裂に痺れました。
ZIPANGUだけに和テイストの演出も楽しめましたね。

代々木




karnak at 01:13コメント(0)トラックバック(0) 
水樹奈々 

2017年01月27日

油槽所閉鎖

一度訪れたいと思った場所、閉鎖してからの訪問となってしまいましたが、目にすることができてよかったです。
そして支店長とは今回初めていろんなことを話しました。
煉炭工場時代、プロパン・セメント時代、油槽所時代。
移ろいゆく時代を駆け抜けた東京支店での想いに接することができ、また語らうことができてうれしかったし、支店長としてはつらくもあり、苦労が絶えなかったことだろう。
曾祖父会長時代に運転手をしたことがあるとの話など感慨深かったです。

元売商社の二次基地は閉鎖が相次いでいる状況。
ここ何年かは海上と陸上の価格バランスが崩れたことが大きな要因です。

昭和48年開設、昭和54年増築。
多くの元売・商社に支えられて一時代を築きました。

昭和30年開所、昭和54年リニューアルのうちのSSの譲渡と時を同じくしての閉鎖。
ひとつの時代の終焉を改めて強く感じました。

小台

karnak at 23:51コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

2017年01月20日

東芝解体へ


 東芝の米原発事業での損失が最大で7000億円規模に膨らむ恐れが出てきた。巨額損失で減少する資本を増強するため、主力の半導体事業を分社化し、他社の出資を受け入れることを検討している。だが、それだけでは足らず、さらなる事業売却を迫られる可能性がある。昨年度は医療機器や白物家電の事業を売却しており、残る主要事業は限られる。東芝の解体が近づいている。

 不正会計が発覚した2016年3月期、東芝はリストラ費用や米原発事業の損失により、株主資本が3289億円に落ち込んだ。キヤノンに6655億円で医療機器子会社を売却した利益がなければ、負債が資産を上回る債務超過に陥るところだった。

 成長事業と不採算事業を切り離し、新生東芝として再出発したはずだったが、原発で再び損失が発覚した。損失発覚前の予想では、期末の株主資本は3200億円の見込み。最大7000億円の損失を考えれば、事業売却による資金調達や金融支援がなければ、債務超過に陥りかねない。

 2年連続で巨額損失を出す原発事業のために稼ぎ頭の半導体に外部資本を入れる。インフラやIT関連についても、金融筋は「売却できる事業がある」と指摘する。

 損失額は現在精査中の監査を経て、2月中旬に発表する16年4〜12月期決算で確定する。事業を縮小したパソコンやテレビ、損失続きの原発で成長の絵図を描くのは難しく、前途が見えない。 

【時事通信】


コア事業とされてきた事業部はほぼほぼ解体。
粉飾決算を主導した経営者の責任は重いですね。

karnak at 00:25コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2017年01月15日

SS運営移管

昨日、うちのSSの営業が終了しました。

亡き会長(祖父)が昭和30年に開所して以来、61年間地域の皆様に支えてもらってここまで続けてこれました。ありがとうございました。

運営移管が決まってからも様々な問題が発生し、ギリギリ間に合った形ですが、引渡しの日に最強の寒波が来て吹雪に見舞われるというのもまた、あまのじゃくだった亡き会長の最後の抵抗だったのかもしれません。石炭から始まった当社の、戦後の第2創業の地ですからある意味では当然です。
まだまだという気持ちもありましたが、設備の老朽化を含め、諸々の課題からこの10年間はいろいろな方向性の模索をしておりました。
大株主や兄弟会社との紛争の火種であり、未来を賭けるだけの将来性がこの事業になくなったことで避けられない判断でした。

今回引き受けてくださる会社が見つかり、SSとしてはENEOSマークのまま継続する形となりました。

相手はウチが上り調子だった頃、鳴海vs野並でやりあった仲で当社の従業員が何人も引き抜かれたことのある因縁のところです。その方の弟子にあたる人物が今後は所長をしてくれる点で今はご縁を感じています。

そして、引っ越し作業をするうち、昭和52年当時の看板が見つかりましたが、責任者は今では高齢ながら先方のSSでバイトをしているとか。

今後は新体制を整えつつ、第3の創業に向け、歩みを続けていきます。
少子高齢化、人口減少という時代においては小売・サービス業はますます厳しくなるかと思いますが、意志あるところに道は拓けると信じ、がんばりたいと思います。


karnak at 19:06コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

2017年01月09日

駐韓大使が一時帰国


韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が新たに設置されたことへの対抗措置として、長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事が9日、それぞれ一時帰国した。
 
長嶺氏らの日本滞在は数日間となる見通し。安倍晋三首相や岸田文雄外相に状況を報告し、今後の対応を協議する。

 長嶺氏は9日午後、羽田空港着の民間機で帰国。これに先立ち、ソウルの金浦空港で記者団に「少女像設立は極めて遺憾だ」と改めて強調した。森本氏は同日午前に成田空港に到着した。

 少女像はソウルの日本大使館前に続き、釜山の総領事館前に昨年12月末に設置された。これを受け日本政府は今月6日、慰安婦問題に関する一昨年末の日韓合意の精神に反するとして、大使と総領事の一時帰国に加え、通貨スワップ(交換)協議の中断や日韓ハイレベル経済協議の延期などの対抗措置を発表した。

 韓国メディアによると、柳一鎬副首相兼企画財政相は8日、与野党議員らに「外交問題が経済的な影響を与えるのではないか」と懸念を示した。 
【時事通信】


当然の措置で、一時帰国では手緩い。
隣国だからといっても、約束を守らない、守ろうともしない国と信頼関係の構築などできようはずもない。大統領は職務停止の状態で「国」の体を成していない。
売春大国韓国は今でも世界各国に売春婦を供給して逮捕され続けているというのに、慰安婦像を設置し続けているとは滑稽だ。
このような国との関係性は国益を損なうのみであり、断交するのも一つであろう。

時代が時代なら、韓国大統領不在で日米両大使も帰国中、米国大統領交代期というタイミングに北朝鮮が朝鮮戦争を再開しても何ら不思議ではない。


karnak at 23:44コメント(0)トラックバック(0) 
アジア外交 

2016年12月30日

あなたの好きなところ


「第58回 輝く! 日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)の授賞式が30日、東京・新国立劇場で行われ、西野カナが「あなたの好きなところ」で自身初の日本レコード大賞に輝いた。
【スポーツ報知】


"業界のドン"S会長の買収合戦と化したレコード大賞、今年は問題が露呈したLDH率いる三代目JBは退き、バーニングと蜜月のAAAが有力視されていたが、西野カナの受賞となった。
一貫して等身大の恋愛を描き続ける西野カナのかわいらしさがギュッと詰まった「あなたの好きなところ」は確かにいい歌だと思う。
デビュー当時からヒットソングを連発していたので、そういう意味では時間がかかったが、待望の受賞ということかもしれない。

Just LOVE
西野カナ
SME
2016-07-13



他の優秀作品賞で推しているのは西内まりや「BELIEVE」。
マルチすぎてアンチも多いけれど、アーティスト性は高いと思う。
そろそろヒットに恵まれてもよさそう。
来月からは月9主演でしたね。。

BELIEVE(DVD付)(スマプラ対応)
西内まりや
SONIC GROOVE
2016-09-21



karnak at 22:11コメント(0)トラックバック(0) 
音楽全般 

2016年12月20日

諦めない心を高らかに突き上げて

ニューアルバム、フラゲ完了。
今回も最高ですねー。
気持ちの盛り上がりを感じさせる曲が詰まっています。
水樹本人の充実感が伝わってきますね。

やっぱり一番は「STAND UP!」かな。
甲子園で聴いて鳥肌が立ちました。感動しました。
元来、あまり前向きな曲は好きじゃなかったけど、これは胸を掬われた感じがします。



新年早々のライヴもめっちゃ楽しみ♪
とりあえずそこまでは頑張るしかないですね。

NEOGENE CREATION(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
水樹奈々
キングレコード
2016-12-21



karnak at 23:28コメント(0)トラックバック(0) 
水樹奈々 

2016年12月18日

真田丸

大河ドラマ「真田丸」完結しましたね。
今作の見所はやはり信繁の生き様だ。
上杉・武田・北条・織田・徳川に翻弄され、やるかやられるかというギリギリの選択の中で時には義を重んじ、時には裏切り、時には調略して生き延びた真田が兄信之・弟信繁に分かれて戦った関ヶ原と大坂の陣。
最後は太閤秀吉への忠義を貫き、華々しく散った信繁の生き様は、戦国武士の鏡だろう。

どんなに豊かになろうと、人はいつかは灰燼に帰す。
しかし、生き様だけは偽ることはできない。

真田というと真田十勇士が持て囃され、そういった見地で歴史小説も読んだが、今回はどちらかというとそういったエンタテイメント性は取り払われていた。
キリの存在など、三谷幸喜らしい演出や歴史ドラマらしからぬ軽妙さはあったが、歴史ファンからすれば物足りなさも感じた。

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20



真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-10-19



karnak at 23:07コメント(0)トラックバック(0) 
ドラマ 

2016年12月17日

需要減に喘ぐガソリン業界の悪しき慣行


石油元売り大手5社が、市場の実勢より割高な価格で給油所にガソリンを販売する価格操作を繰り返していたことが、経済産業省の調査で分かった。元売り大手は、割高な価格で一律に卸したうえで、競争の激しい一部の給油所に対しては値引きに応じ、価格に差をつけていた。卸価格は販売価格にも反映されるため、元売りの事実上の価格支配は消費者にも及ぶ。経産省と公正取引委員会は「不合理な差別的扱いは独占禁止法違反にあたる可能性もある」と問題視している。

 経産省は今秋、石油元売り大手5社系列の約3000の給油所を対象に調査を実施。約680の給油所から回答を得た。このうち49%の給油所は元売りの決めた卸価格を受け入れていた。一方で、納入後の値引きが1リットル当たり3円未満の給油所は31%▽3円以上5円未満が15%▽5円以上10円未満が4%となり、10円以上も1%あった。経産省は「一部には最大1割以上の割引をしつつ、半数の給油所に高値で売り切るのは不公平だ」と批判する。

 ガソリン業界には元売り大手が卸価格を決めて系列給油所に納入し、その後給油所と個別交渉して値引きする「事後調整」という取引慣行がある。給油所間の競争が激しくなる中、元売りがシェア(市場占有率)を保つために一部給油所を優遇し、安売りの原資を確保する仕組みとされる。

 経産省によると、市場縮小でガソリンが過剰になるなか、2014年後半ごろから元売りによる「割高な卸価格設定」が目立ち始めた。より高い価格で卸すことで、市場縮小の局面でも利益確保を狙ったとみられる。納入後の値引きは元売りと給油所の交渉で決まるが、調査に対し給油所経営者からは「値引きは元売りのさじ加減で決まる」「値引きは量をたくさん売るところだけ」などと不満が相次いだ。特に過疎地の給油所などでは高い卸値を受け入れさせられていたという。

 元売りが高値で卸せば、消費者への販売価格も高くなる。販売量が多く交渉力のある給油所以外は、値引き幅が見通せず、原価割れを警戒して販売価格は高めに設定されがちだ。経産省は「不透明な慣行で、消費者も損をしている」(幹部)と指摘。調査結果を20日の有識者会議で公表し、卸価格を原油の市場価格の実勢に連動させることなどを元売りに求める方針だ。

 元売り大手の一社は「卸価格は適正につけており、国際水準よりも安い。納入後の値引きは非系列店の安売りに系列給油所が対抗せざるをえないことなどが背景にある」と理解を求めた。
 【毎日新聞】


腐敗した業界に自浄作用などあるはずもない。
時代錯誤の慣行が末端事業者を蝕み、ひいては消費者のSS離れを招いていく。


karnak at 18:38コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2016年12月11日

海賊とよばれた男

出光興産の創業者出光佐三の生涯を描く「海賊とよばれた男」観てきました。
より迫真に迫りたかったので百田尚樹の原作は読んでいません。
だいぶ前に下記の作品を読みました。




出光佐三の生涯については出光興産の公式サイトにも掲載されています。

映画の方は創業期からそれこそ海賊の異名をとるように暴れた出光佐三の生涯でも、創業期の苦難、戦争期の海外進出、四面楚歌となった戦後の出発期のエピソードをうまく捉えてまとまった作品だったように思います。
VFXで山崎監督とタッグを組んだ岡田准一も今度は壮年期を演じてゼロとは違った魅力が出ていてよかったです。

ただ全体としては昭和を駆け抜けた反骨の男を描くには迫力に欠けているようにも思いました。
それこそ国を敵に回してでも石油を売り歩いた人間ですから、描写というよりも荒々しい何かエネルギーを醸し出してほしかったかな。

エネルギー業界もいろんな点でパラダイムシフトを迎えつつあります。
その生き様はリスペクトしないわけにはいきません。

karnak at 19:33コメント(0)トラックバック(0) 
映画 

2016年12月08日

水樹奈々ニューアルバム「NEOGENE-CREATION」12/21リリース

いよいよリリース迫る! 楽しみですね。
今回は作家陣にats-とh-wonderのクレジットがあるので、こちらも水樹奈々の歌唱とどう融合するのか楽しみです。もっとまったく違った作家アプローチもいいと思いますが。



NEOGENE CREATION(初回限定盤)(Blu-ray Disc付)
水樹奈々
キングレコード
2016-12-21



karnak at 00:15コメント(0)トラックバック(0) 
水樹奈々 

2016年12月07日

孫正義の果てなき野望


ソフトバンクグループの孫正義社長は6日、ニューヨークのトランプ・タワーでトランプ次期米大統領と面会し、同社が米国の新興企業などに500億ドル(約5兆7000億円)を投資する方針を伝えた。5万人の新規雇用が生まれるとしている。

トランプ孫

 トランプ氏は面会後、孫社長をタワー1階のロビーまで見送った。ツイッターに「マサ(孫社長)は、われわれが選挙で勝たなければこのようなことは決してしないと言ってくれた」と投稿、自身の成果としてアピールした。
 ロビーで報道陣の取材に応じた孫社長は、トランプ氏には共通の友人を介し、自ら面会を申し込んだと説明した。世界規模のIT投資を目的に10月に設立を発表した10兆円規模のファンドから、今回の資金を出すという。
 さらに、トランプ氏の経営者としての実行力に期待を示した上で「規制が緩和され、米国がもう一度ビジネスをする国として、いろいろなチャンスが出てくるだろう」と話した。
 ソフトバンクは2013年、米携帯電話大手スプリントを買収。その後、スプリントを通じた米同業TモバイルUSの買収を試みたが、米規制当局の承認が得られず、断念した経緯がある。
 規制緩和を公約に掲げる新政権下で、ソフトバンクが再びTモバイルの買収を目指すとの観測も一部にあるが、孫社長は「そのことについては、きょうは話していない」と述べた。  【AFP】


サウジアラビアと10兆円規模の巨額ファンドを組成し、トランプ次期大統領に出資の約束をするという離れ業は孫正義にしかできない。強烈なインパクトだ。
中東産原油と米国産シェールオイルのせめぎ合いの中で、先頃のOPEC減産合意はマーケットにはインパクトが大きかった。原油はこの合意を受けて騰勢を示し、株式市場も株高を拡大している。
しかし、孫氏の行動はオイルマネーを米国に注ぎ込むプラン。そうした次元を超えている。
ARM買収によって、来るIoT時代を席巻するということだろうが、シリコンバレーの新芽を傘下で育てていこうという算段か。

一方、ソフトバンク2016年第2四半期の決算資料によれば、ARM1兆円買収に伴う長期借入金の発生で「非流動負債合計は、前期末から1,832,327百万円(15.2%)増加し、13,868,477百万円となりました。」とのこと。
主要銀行たるみずほ銀行も頭が痛いところだ。
ファンドがあろうが、先見性があろうが、13兆円の有利子負債はただごとではない。

IoT時代は確かに来ることだろうが、情報分野においても二極化が進んでいるので、ついて行ける人間とそうでない人間の住み分けが難しいだろう。

IoTの実現には小規模ネットワークの構築が欠かさせない。京セラが構築を急ぐ「LPWA」は興味深い内容だ。


京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は11月9日、フランスのSIGFOX(シグフォックス)社が提供するIoT向けネットワーク「SIGFOX」を、2017年2月から日本で展開することを発表しました。KCCSは基地局などを整備し、IoT向けのネットワークを提供する通信キャリア事業を行うことになります。 【GetNavi Web】


ソフトバンクは藤枝市と組んだ。


藤枝市(市長:北村 正平)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、2016年6月1日付で両者が締結した包括連携協定に基づき、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用したIoTプラットフォームを、藤枝市全域を目標に構築し、実証実験を行うことで合意しましたのでお知らせします。

LPWAネットワークを活用して自治体全域をカバーするIoTプラットフォームの構築を表明するのは、国内で初めてです。  【プレスリリース】


跳び続ける孫正義の野望の先には何があるのか。死角はないか。


karnak at 23:59コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

出光と昭和シェル、資本提携へ


合併を目指す石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油が資本提携を検討していることが7日、分かった。2割程度の株式を持ち合い、製油所などを一体運営する。両社の合併は出光の大株主である創業家の反対にあって難航しているが、合併に先立って両社の関係を深め、収益改善にもつなげたい狙いがある。

 出光は公正取引委員会から合併の承認を受けた後、英オランダのロイヤル・ダッチ・シェルから33・24%の昭和シェル株を取得。出光に対する昭和シェルの議決権を担保するため、出資比率は25%未満に抑える見込みだ。

 昭和シェルも株式公開買い付け(TOB)や第三者割当増資によって20%の出光株を取得することを検討する。

 合併するには株主総会での決議が必要となるが、3分の1を超える出光株を保有する創業家が反対している現状では実現しない。一方、資本提携は決議案件ではなく、両社の合意があればできる。

 両社は国内の石油需要が減少する中で、製油所や石油製品の供給を一体運用して経営を効率化することも目指す。

 両社は29年4月の合併を目指していたが、出光創業家の説得を続けるために合併時期を延期し、「未定」としていた。           【産経新聞】


需要減が止まらない石油業界は再編必須。苦渋の選択ですね。
果たして合併に漕ぎ着けられるか。まだまだわかりません。

karnak at 23:22コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

「かいものばとん」リリース


名古屋で生活関連サービスを軸に事業展開をしている株式会社ライフネット(本社:名古屋市中区)が、ユーザー同士で家事の代行ができるWebサービス「かいものばとん」を今年の12月1日にリリースすることを発表しました。

「かいものばとん」では位置情報機能を設定し、近所でユーザー間取引が行われることを意識して設計されています。登録しているユーザーは買い物や子供のお守りといったサービスを受けたり提供することができます。

ライフネットは2012年に設立して以来、ハウスクリーニングやリフォーム事業を続けてきており、非常食のECサイトなども運営している企業です。

家事のCtoCのクラウドソーシングサービスは、国内では掃除に特化したCaSyやオールジャンルのAny+Timesなどがありますが、この手のサービスを扱っているのはいづれもIT系の企業であり、生活関連事業者による取り組みは非常に稀です。


karnak at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 
ライフネット 

2016年11月29日

2016年11月06日

藍井エイル、ラストライヴ@武道館

「ラピスラズリ」に魅せられて3月に初めてライヴに行ったが、7月の「翼」発表後、ほどなく休養に入った。
ブレイク寸前、これからという時だっただけに非常に残念。


シンガー・ソングライターの藍井エイルが5日、東京・日本武道館で無期限活動休止前ラストライブ『Eir Aoi 5th Anniversary Special Live 2016 〜LAST BLUE〜』2daysの最終公演を行った。2時間半にわたって全身全霊で24曲を熱唱。最後は虹色に染まった武道館で「虹の音」を涙ながらに歌い上げ、ファンに感謝の言葉を連ねた。
【オリコン】


華奢な身体から繰り出される圧倒的な声とパワーが魅力的だったが、どこか危うさも覗かせていたが、ヒットするにつれ、有沢ゆい時代のことが掘り返され、本人も心を痛めていたに違いない。
無期限活動停止。もしかしたら事実上の引退となるかもしれない。
しかし、その歌声が消えることはない。









ファンの熱烈なアンコールならぬ「エイエイルー」コールを受け、再びステージに戻ってきた藍井は「8月から少しお休みをいただいていたんですけど、皆さんにたくさんの心配とご迷惑をおかけしてしまって本当にごめんなさい。そして待っていてくれて本当にありがとうございます」と一礼。
続けて「きょうのステージが終わってから私は無期限の活動の休止に入ることを発表させていただいたんですけど…」と本題を切り出すと、ファンの「待ってるよ!」の温かい掛け声に涙をこらえることはできなかった。声援と拍手に包まれながら、口元を隠してデビューした当時のことなどを振り返ると「私の人生にとって、この5年はみんながいたから、すごくかけがえのないものになりました。本当にありがとうございます」と深々と頭を下げた。
最後の曲を前に「私を見つけてくれてありがとう。私と出会ってくれてありがとう。私の楽曲を愛してくれてありがとう。いつも元気な言葉をかけてくれてありがとう。すてきな笑顔をいつも見せてくれてありがとう。いつもこの小さい背中を押してくれてありがとう。あったかいてのひら、いつもありがとう。大切な時間を一緒に作ってくれてありがとう。かけがえのない思い出をいっぱいくれてありがとう。これ以上にないくらいの幸せな時間をくれてありがとう」としゃくりあげながら感謝の気持ちを連ねたが、今後のことや再会を約束する言葉は口にしなかった。

ラストは「藍井エイルに関わってくれたすべての人にありがとうの気持ちを目いっぱい込めて歌わせていただきたいと思います」と話し、「虹の音」を熱唱。大粒の涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら両手を広げて深々と一礼すると、演奏が終わる前に中央からステージを後にし、涙腺が決壊したファンは名残惜しそうにいつまでも拍手と「エイル」コールを送り続けていた。
【オリコン】


観たい気もしたが、結局やめてしまった。映像作品を待ちたい。




karnak at 00:54コメント(0)トラックバック(0) 
音楽全般 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

日比谷花壇
日比谷花壇_法人への花贈り特集_会員登録キャンペーン
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード