2016年09月19日

クルマの「定額制乗り換え放題」


 レンタカーともカーシェアリングとも異なる、クルマの「定額制乗り換え放題」が誕生した。IDOM(旧ガリバーインターナショナル)が8月に1都3県の100人限定で始めた「NOREL」は、月額4万9800円(税別)で中古車を自由に乗り換えられるサービスだ。今後はほぼ毎月、会員数の上限を増やす予定で、来年頭にかけて全国展開を目指すという。

 クルマを「所有」に近い感覚で利用できることと、頻繁な乗り換えを両立するサービスといえる。「家族がいるからミニバンにしたような人も、利用シーンに応じてクルマを使い分けられる」(IDOM新規事業開発室長の北島昇氏)。現状、1車種の最短利用期間は90日で、年に最大で4台までの計算。最長は次の車検までだが、気に入ったらそのまま買い取れる仕組みも検討していくという。

 月額料金は安いとはいえないが、レンタカーを頻繁に使うならメリットはありそうだ。税別4万9800円には自動車税や任意保険の保険料も含まれ、追加の負担はガソリン代と駐車場代のみ。事故を起こして車両が全損になった場合の自己負担額は10万円だ。
                           【日経トレンディ


定額制サービスとシェアリングはまさにトレンドだ。
"コスパ"を追求した結果だろうか。

こうなってくると、カーケアサービスの方でもあり方は変わってくるだろう。
消費者ニーズの多様化にどれだけついていけるだろうか。

karnak at 00:11コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

2016年09月18日

最強の経営者−小説樋口廣太郎

高杉良の最新作は"アサヒビールを再生させた男"樋口廣太郎"を扱う。
住友銀行副頭取に登り詰めた樋口だったが、イトマン融資を巡る会長との意見の対立からか銀行OBが社長となっていたアサヒビールの社長に収まる。そして「夕日」ビールなどと揶揄された同社の立て直しに奔走する。
顧問時代にグループを掌握した樋口は類稀な胆力とリーダーシップを発揮する。スーパードライでヒットを飛ばし、その後の成長の礎を築くと、茨城工場の建設等積極投資を推進した。
その後は日本経済・文化界で要職を歴任。型破りなリーダーとして名を馳せた。

著者らしい語り口が随所にみられるが、著者渾身の作品と樋口へのリスペクトが感じられる内容だった。
樋口が社長を務めた時代からは失われた時代と称されて久しいが、これだけの行動力を持つ人間が今の日本にも望まれているように思う。




karnak at 20:18コメント(0)トラックバック(0) 
文芸 

2016年09月13日

幻の72ゴルフ

全国特約店会の集まりで軽井沢を来訪、前夜祭も「真田丸」に肖った真田陣太鼓の披露があったり盛大でした。
しかし、無慈悲の雨が降り注ぎ、翌日は土砂降りの中でのラウンド、フェアウェイも水浸し、カップが水没という事態となり、100人以上参加のオープンゴルフは途中で中止となりました。

自分では決して行かないだろう名門クラブですが、参加実績を残しつつ、スコアは残さなくてよかったという奇跡の体験となりました(笑)

72続きを読む

karnak at 23:00コメント(0)トラックバック(0) 
ゴルフ 

2016年09月10日

知多四国

昔の仲間と知多四国の小旅行。
昼食は大漁園でごちそうを。
時折、再会できること、それはとても幸せなことなのだろうと思います。

知多市国

karnak at 20:44コメント(0)トラックバック(0) 
旅日記 

2016年08月30日

バースデー

今年もバースデーを迎えました。
今年はプレゼントでビジネスバックを。
そして、スギモト(松坂屋北館)ですき鍋。
ほっとできるひと時でした。

スギモト

大殺界そのままに、年末までに試練が待っていますが、その後の新たな挑戦へ、いい1年にしたいと思います。

karnak at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

2016年08月29日

山形〜新潟温泉の旅

久々に濃厚なメンバーで温泉旅行。
27日〜29日までです。
初日は一路、山形を目指しました。
昼食は新潟でへぎそば。

へぎそば

この日は小雨が降っていて少し肌寒いくらいでしたが、美味でした。

宿は小野川温泉「河鹿荘」。
広々として趣きがあるとてもいい宿でした。
部屋の名もまた優雅。仄かな「夢」が宿るのを信じて...。

小野川

2日目は上杉神社と寺泊に立寄りつつ、宿を目指しました。
昼食は福島の喜多方ラーメンを朝昼夜(あさひや)でひまわりラーメン。
かなりボリューミーなチャーシューでした。

ひまわり

宿は山間なので運転が少々大変でした。
まつだい芝峠温泉雲海」。

ホテルからの眺めは最高でした。その雄大な眺めの露天風呂。かなり贅沢ですよね。
朝方5時には少しですが、眼下に雲が広がっていました。朝焼けに映えて綺麗でしたね。

久々の温泉旅行、これからの厳しいスケジュールを考えても、貴重なひと時でした。

karnak at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
旅日記 

2016年08月25日

鴨しゃぶ

鴨しゃぶ−竹亭に行ってきました。
これだけ鴨を食すのは初めて。

鴨1

鴨2鴨3

メインの鴨しゃぶ、しっかりした歯ごたえで美味しかったです。つけ汁はくるみ。
〆はラーメンでした。

karnak at 23:30コメント(0)トラックバック(0) 
グルメ 

2016年08月14日

会社は頭から腐る

「会社は頭から腐る」−インパクトのあるタイトルにつられて購入した。
著者の冨山氏は経営共創基盤(igpi)代表取締役CEO。産業再生機構設立時にCOOとして参画し、数多くの企業再生に取り組んだ実績がある。
企業再生という修羅場を数多く潜り抜けてきたからこそ、経営と現場の本質を抉り出し、明快な言葉で述べている。ビジネス書の中でもこれほど明晰な言葉で綴られた書はそうはないだろう。
それだけ本質と現実に迫るものがあり、言葉一つ一つが突き刺さる。

著者の経験の最たる例は大型粉飾で経営危機に陥った「カネボウ」だった。
いかにして経営難を潜り抜けたのか。

そこから日本企業が陥っている「没落」を映し出し、処方箋を提示している。

その"経営医学"は予防も含めて経営に携わる者は須らく一読したいものだ。
いや、何度も何度も読み返すバイブルとすべきかもしれない。





karnak at 12:08コメント(0)トラックバック(0) 
ビジネス 

SMAP解散へ


SMAPが、今年の12月31日をもって解散することが13日深夜、明らかになった。所属事務所がマスコミ各社にファクスで書面を送った。国民的アイドルグループの歴史は、デビュー25周年の節目の年に、幕を閉じることとなった。 【日刊スポーツ】


分裂騒動と飯島マネージャーの退社で決定的となった内部確執。グループ内では木村拓哉の"裏切り"が作った溝は埋まらなかったということだ。
今回は飯島女史とメリー・ジュリー経営陣との対立に端を発し、田辺エージェンシーへの移籍を画策したことが問題となった。その際、他の4人のメンバーが同調したのに対し、キムタク1人が残留を主張し、計画はとん挫することとなった。香取にとって親にも等しい飯島女史の離脱は今後の活動への希望を失う結果となった。
社会通念上でいえば、組織に所属している以上、移籍もしくは独立が明るみに出た時点で何らかの制裁を受けなければならないだろう。事務所間のパワーバランスからしても当然だと思う。
しかし、エンターテイメントという性格と、多くのファンを抱えることから、内部に大きな問題を抱えながら活動するという欺瞞は避けたかったということだろうし、気持ちとしても限界に来ていたというべきかもしれない。
2020年五輪での契約があるから延命されるかとも思ったが、ここへ来て解散を決意することになった模様。
ジャニー喜多川氏もまた記念コンサートを考えて解散を否定していたが、4人の意志には勝てなかったようだ。

個人的にはSMAPそのものが好きというわけではなく、それぞれがまだ活動していくわけだからと思うが、25年続いた国民的アイドルの解散は大きな衝撃でもある。




▼中居正広 ファンの皆さま、関係各位の皆さま、我々SMAPが解散する事をご報告させていただきます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至ったことをお許しください。申し訳…ありませんでした…。

▼木村拓哉 このたびの「グループ解散」に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人そろわなければ何もできないので、のみ込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えてくださったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して「解散」という本当に情けない結果になってしまいました。今は言葉がうまく見つかりません。

▼稲垣吾郎 ファンの皆さま、スタッフ関係者の皆さま、このたびはご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で5人での活動は難しいと思い、つらい決断ではありますが「解散」という形を取らせていただくことになりました。どうか僕たちの意思をご理解いただけたらと思います。28年間本当にありがとうございました。

▼草なぎ剛 このたび僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆さま、支えてくれた関係者の皆さま、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守っていただけるとうれしく思います。

▼香取慎吾 ファンの皆さま、そしてスタッフ関係者の皆さま。僕らSMAPは解散いたします。応援してくださったたくさんの方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くおわび申し上げます。

[ 2016年8月14日 00:53 ]





karnak at 10:42コメント(0)トラックバック(0) 
芸能 

2016年08月13日

失われた超大陸パンゲア文明「アスカ」の謎

ムー最新刊は世界にその痕跡を留める超古代文明をの謎に「アスカ」という地名から迫る。
大和王権のはじまり、古くからの豪族が住まった飛鳥の地。その地名は日本に留まらず、インドにもあった。
日本人のルーツを探る時、様々な役割を果たした「秦氏」が始皇帝を生んだ秦国、そしてペルシアに繋がることは知っている人も多いと思う。また、景教と称されたその一神教はヤハウェを信仰する原始キリスト教に繋がる。

そして、スポットを当てたのがムー大陸やアトランティス大陸に代表される水没されたとされる超古代文明の存在。そこに行き着く真実は八咫烏の告げる話から明かされる。まさにそれは超古代文明「アスカ」の存在だった。

日本語とヘブライ語の共通点、縄文文化がいわゆるポリネシア地域で共通性をもっていること、説明のつかないエジプトの三大ピラミッドの存在、世界各地に残る洪水伝説、イエス=キリストと天照大神の共通項、そして地名。

ミステリアスな古代史を探る中では面白い内容だった。





karnak at 23:52コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

2016年08月08日

天皇陛下の御意向

戦後、国民の「象徴」として特別な存在であり続け、かつ国民や戦争犠牲者へ思いを届け続けた天皇陛下に、改めて敬意を表したい。
最大限その意向に沿うべきではないか。
一方で、現内閣から戦争の足音が聞こえることには忸怩たる思いも抱いているのではないか。

生前退位と報道されるが、譲位ではいけないのか。




戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。

私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

そのような中、何年か前のことになりますが、二度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

私が天皇の位についてから、ほぼ二十八年、この間(かん)私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行(おこな)って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井(しせい)の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀(そうぎ)に関連する行事が、一年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

始めにも述べましたように、憲法の下(もと)、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

国民の理解を得られることを、切に願っています。






karnak at 23:17コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2016年08月03日

出光創業家、昭和シェル株40万株取得

こうなると出光創業家と経営陣は平行線というよりも決裂と言ってもいいと思う。
結局、合併という重要事項を役員ではないとはいえ、納得のいく説明を公表前にしていなかったことが溝を深めたものと思う。
経営とオーナーの分離は欧米型経営手法というほどでもなく、一般的になった。
そういう意味で、戦後上り詰めてきた企業が"還暦"を過ぎて新たな方向性を模索してきたわけだが、しがらみを簡単に解消することはできないし、プライドは依然残る。
当然と言えば、当然だ。
しかし、経営という観点からすれば、グローバル化がこれだけ進む中では「家」にこだわることは確実に成長を鈍化させるだろう。

そうはいっても、自分は創業家の肩を持ちたいが...。


昭和シェル石油との経営統合に反対する出光興産<5019.T>創業家が対抗策を打ち出した。創業家が昭シェル株を取得。これにより出光経営陣が進める合併手続きが著しく困難になると創業家代理人は説明している。

創業家の出光昭介名誉会長の代理人は3日、昭介氏が昭和シェルの発行済み株式の0.1%に当たる40万株を市場を通じて取得したと発表した。具体的な取得時期は明らかにしなかったが、同日の終値で計算した場合の取得金額は3億8000万円近くになる。

昭和シェルとの統合に反対する昭介氏が同社の株を買う狙いは、出光興産による英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS)<RDSa.L>の持つ昭和シェル株33.3%の取得を阻止することにある。両社の合併はこのRDSの持ち分取得が大前提となる。

創業家代理人によると、TOB(株式公開買い付け)ルールにおいては、大株主である創業家は出光興産の特別関係者とみなされ、昭介氏の持ち分も含めてカウントされる。

その結果、出光興産はRDSの持ち分買取で昭シェル株の3分の1超を保有することになり、買い取りにおいては、RDSとの相対取引でなく、すべての株主を対象にしたTOBをする必要がある。

経営陣にとって悩ましいのは、RDSと合意した1株当たりの買取価格1350円(3日の終値は939円)でTOBをした場合、他の多くの株主も応じ、RDSの持ち分をすべて買い取ることができなくなる可能性があることだ。

買付株数に上限を設けない場合は、他の株主の持ち分と共にRDSの株すべてを買い取ることができるが、必要な費用は5000億円と巨額になる。また、TOBを通じた全株取得は両社がうたう「対等な精神に基づく経営統合」にそぐわない。

「株式取得により合併に反対する意思を伝え、事態を早期に収束させたい。意地悪をしているつもりはない」と昭介氏の代理人を務める浜田卓二郎弁護士は記者会見で述べた。

代理人側は、インサイダー取引に該当する恐れもあることから、今後、創業家は出光興産経営陣との話し合いには応じないとしており、石油業界の大型再編の行方はさらに混沌としてきた。

創業家の動きについて出光興産は、現時点では事実関係の詳細を確認できていないため、今後調査のうえ対応を検討していく、とのコメントを発表。さらに、昭和シェル石油との経営統合が最善の策と確信しており、今後も大株主との協議を継続し、統合会社の設立に向けて取り組んでいくとした。
【ロイター通信】





karnak at 23:29コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2016年07月31日

元横綱千代の富士の九重親方が死去


大相撲の元横綱千代の富士の九重親方(本名・秋元貢)が31日、東京都内の病院で死去した。61歳だった。

 同親方は2015年名古屋場所を全休し、膵臓(すいぞう)がんの手術を受けた。その後は職務に復帰していたが、最近はがんの転移が見つかったとされ、闘病を続けていた。

【日刊スポーツ】


自分が一番相撲にハマっていたのは幼稚園の頃。
当時のヒーローが千代の富士でした。
若すぎる死、ショックを隠し切れません。

ご冥福をお祈りします。

karnak at 23:25コメント(0)トラックバック(0) 
徒然草 

小池百合子東京都知事誕生、本当の闘いはこれから

都知事選、小池百合子氏の圧勝はある意味当然かもしれない。
"都議会のドン"として利権を握る内田茂氏との闘いはこれからだ。


“都議会のドン”といわれる内田茂自民党東京都連幹事長(77)が役員を務める会社が、複数の東京オリンピックの施設工事を受注していたことがわかった。

 内田氏は、落選中だった2010年から地元・千代田区に本社を置く東光電気工事の監査役に就任。内田氏の所得等報告書、関連会社等報告書を総合すると毎年数百万円の役員報酬を受けているとみられる。

 東光電気工事は、大手建設会社とジョイントベンチャー(JV)を組み、今年1月、バレーボール会場の「有明アリーナ」(落札額360億2880万円)、水泳の「オリンピックアクアティクスセンター」(469億8000万円)の施設工事を落札。東京オリンピックに向けては3つの恒久施設が新築されるが、このうち2件を東光電気工事のJVが受注したことになる。

 特に、有明アリーナの競争入札では、東光電気工事のJVの入札価格がライバルのJVより高く、価格点で下回ったが、施工計画などの技術点で上回り、落札に成功した。専門紙の建設通信新聞も<逆転落札>(1月18日付)と報じたほどの逆転劇だった。

 東光電気工事は、五輪施設だけではなく、豊洲新市場の関連工事など、都発注の工事もたびたび受注。売上高は、内田氏が復活当選する2013年までは700億円前後だったが、2014年には約1000億円へと急成長している。

 日本大学の岩井奉信教授はこう指摘する。

「内田氏は都の予算に大きな影響力を持つ人物。条例等で禁止されていないとはいえ、五輪関連工事を受注するような企業の監査役を務めていること自体、望ましい話ではありません」

「週刊文春」の取材に、東光電気工事は「個別の営業について相談したことはございません。従って、ご質問の事業についても内田茂氏が関係した事実は全くございません。なお、役員の個別の報酬額は公表しておりません」、内田事務所も「口利きのような事実はありません」と回答した。

 東京オリンピック施設を巡っては、整備費の高騰が問題となっており、新知事と都議会の対応が注目される。
【週刊文春】


自民党東京都連幹事長内田茂は山口組渡辺芳則の舎弟 で、姉の夫は工藤会所属というから本物だ。

内田茂


「崖から 飛び降りる覚悟」というが、落とされないように用心しなければならないだろう。





































-

karnak at 22:58コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2016年07月30日

錯誤する伏線が散らす破滅への残響が鳴り止むことはなくても

水樹奈々新曲は2曲目をヘビロテ中ですw
大仰な詞も最高です。

甲子園を楽しみに毎日を過ごすことにします。。。



STARTING NOW!
水樹奈々
キングレコード
2016-07-13






karnak at 22:55コメント(0)トラックバック(0) 
水樹奈々 

架空通貨

人気小説家となった池井戸潤の初期作品。
女子高生麻紀の父が経営する会社が破綻。
女子高生の担任辛島が元信用調査会社出身という設定で物語は展開する。
地域通貨、マネーロンダリング、粉飾決算...。過去の作品と言えども、ホットな設定でスリリングに展開していくストーリーは面白く、引き込まれる。
「担任の先生」が欺瞞に満ちた会社のトップを追い込んでいく様は無理やり感もあるが、それ以上に熱い。

架空通貨 (講談社文庫)
池井戸 潤
講談社
2003-03-15




karnak at 22:33コメント(0)トラックバック(0) 
文芸 

2016年07月19日

SB孫社長、半導体ARM買収へ


「モバイルからIoT(Internet of Things)というパラダイムシフトの初期に投資したい」――ソフトバンクグループは7月18日(日本時間)、英国の半導体企業ARM Holdingsの買収を発表。孫正義社長が両社の戦略的合意について、英国で開いた記者会見で説明した。家電や自動車などさまざまな機器がネットにつながるIoT時代、ARMの半導体技術へのニーズが飛躍的に成長すると見通し、買収に踏み切ったという。


 同社はARM株式の100%を約3兆3000億円(約240億ポンド)で取得し、ARMは上場を廃止する。非上場化により「次の四半期決算を心配しなくてよくなり、大きな投資ができる」とし、5年かけてエンジニアを倍増させる計画だ。

 ARMはファブレスの半導体企業。自らはチップの製造・販売を行わず、技術のライセンス販売のみを行う。特にスマートフォンに強く、昨年販売されたスマホの95%にARMアーキテクチャのチップが採用されているという。
【ITmedia】


相次ぐ株式売却の先にはやはりM&Aがありましたね。
有利子負債の圧縮などという説やニケシュ・アローラ副社長の急な退任と相まって様々な憶測を呼びました。


ARM Holdingsは現在、全世界の約300社に850以上のプロセッサライセンスを販売。すべてのARMベースのチップについてロイヤリティを徴収している。ARMアーキテクチャはスマートフォン分野では独占に近いシェアを持っており、2-in-1やノートPCなどでも使用比率を伸ばしている。


IoT時代へのパラダイムシフトに対する初期投資ということですが、実際IoTのアーキテクチャーライセンスを広範に押さえるのだとしたら、侮れません。
今後の生活システムを支配されることだってあり得ます。



karnak at 00:41コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2016年07月17日

神戸山口組系組員射殺事件のその後


名古屋市中区新栄2のマンションで15日、指定暴力団神戸山口組系傘下組織の斉木竜生(たつお)幹部(64)=住所不詳=が、2人組の男に拳銃で撃たれて死亡した事件で、当時、斉木幹部と同じ室内にいた知人の男が同日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で愛知県警に逮捕されていたことが捜査関係者への取材で分かった。県警中署特別捜査本部は、薬物絡みのトラブルがあった可能性も視野に調べている。

 斉木幹部には、銃で撃たれた痕以外に目立った傷がなかったことも特捜本部の調べで判明。2人組が室内に侵入した直後に至近距離から発砲したとみられる。特捜本部は16日、司法解剖の結果、斉木幹部の死因が拳銃で撃たれたことによる出血性ショックとみられると発表した。

 事件は15日午後4時40分ごろ発生。2人組がマンション4階の一室に玄関から侵入し、斉木幹部に発砲。一緒にいた知人の男が消防に119番した。男にけがはなかった。

 特捜本部によると、2人組はその後、車で逃走したとみられ、現場から南に約2キロ離れた同市昭和区の駐車場で、関連が疑われる無人の乗用車が燃えているのが見つかった。斉木幹部は搬送先の病院で死亡が確認され、特捜本部は拳銃を使用した殺人事件と断定。山口組分裂に絡む抗争の可能性もあり、警戒を強化している。
【毎日新聞】


いよいよ弘道会の本拠、名古屋ですか。
薬物絡みだったとしても、利権抗争の端緒かもしれませんね。



karnak at 23:16コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2016年07月14日

会津小鉄会会長逮捕


京都市に本部がある指定暴力団「会津小鉄会」の会長ら5人が大麻のようなものおよそ5グラムを仕入れたとして麻薬特例法違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは京都市に本部がある指定暴力団「会津小鉄会」の会長、馬場美次容疑者(75)と幹部ら、合わせて5人です。

警察によりますと馬場容疑者らは先月、関係者に指示し、滋賀県の暴力団関係者の自宅に大麻のようなものおよそ5グラムを郵送させ、仕入れたとして麻薬特例法違反の疑いがもたれています。

警察では去年9月ごろから匿名の情報を元に捜査をすすめ、馬場容疑者の自宅などを捜索したところ事件に関わった疑いが強まったとしています。

警察は5人が容疑を認めているのかどうか明らかにしていません。

警察は大麻のようなものの実態や仕入れるまでのいきさつなどを詳しく調べることにしています。

警察によりますと「会津小鉄会」は現在およそ240人の構成員らを抱え、馬場容疑者は8年前から会長を務めています。 【NHK】


会津小鉄会が引っ張られるとは...。
芸能ルートに麻取もだいぶ網はってるでしょうが、いろいろ気になりますね。

karnak at 00:05コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 

2016年07月11日

アホノミクス継続、日本没落へ

株価上昇、景気回復、デフレ脱却、雇用促進などと派手に喧伝した「アベノミクス」も撃沈模様。景気は低迷し、下落傾向にあった株価は英国のEU離脱決定を受けて、大幅に下がった。一部で賃金上昇はあったものの、全体として実感に乏しく、個人消費には結び付いていない。再びデフレに逆戻りだ。追い打ちをかける急激な円高によって、中国人の「爆買い」も息をひそめる。
少子高齢化が顕著になる中で、個人消費の起爆剤はない。賃金が上昇しているにもかかわらず、中小零細の企業収益が伸びないとなれば、たちまち経営は逼迫する。

憲法問題も争点になるはずだったが、安倍晋三氏は巧みにこれを避けた。
英国の衆愚政治よろしく、使い古されたはずの「アベノミクス」を煽動して圧倒的な勝利を手にすることになる。
かつてヒトラーもそうだったが、衆愚政治の頂点に立った独善的指導者はやがて独裁者となる。
戦後護ってきた憲法を「解釈」で捻じ曲げて集団的自衛権を合法化してしまったのもその端緒だ。
しかし、選挙の結果は明白なのだからこれかせ国民が批判したとしても詮無きことだ。
英国民が離脱を支持したの後悔しているのと同じように。

本当の地獄はこれから始まるのだろう。

 第24回参院選は10日、投票が行われ、午後8時までに締め切られた。改選121議席のうち自民、公明の与党が計61議席以上を獲得し、安倍晋三首相(自民党総裁)が獲得議席目標に掲げた「与党で改選過半数」を達成することが確実となった。10日深夜から11日未明にかけて大勢が判明する見通しで、安倍首相が悲願とする憲法改正に前向きな勢力が、改憲の国会発議に必要な3分の2(非改選と合わせて162議席)以上を確保するのは濃厚な情勢だ。 【産経新聞】


karnak at 00:08コメント(0)トラックバック(0) 
社会/経済 
kindle
宅配水サービス
生活応援ショップ

三越・伊勢丹
荳芽カ翫・莨雁兇荳ケ繧ェ繝ウ繝ゥ繧、繝ウ繧ケ繝医い
カテゴリー
Archives
ANAトラベル
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
全国の天気

-天気予報コム-
携帯QRコード
QRコード